BBC News

2018年10月22日

»著者プロフィール

台湾北東部の宜蘭県で21日午後4時50分ごろ(日本時間午後5時50分ごろ)、台湾鉄道の特急列車が脱線し、少なくとも18人が死亡、187人がけがをした。

事故を起こした普悠瑪6432号には乗客366人が乗っていたが、8両編成の車両全てが脱線した。鉄道当局は事故の原因を調査している。

犠牲者には少なくとも3人の子供が含まれている。台湾で起きた鉄道事故としては過去27年間で最悪となった。

電車に乗っていたヘンリー・ツェンさんはロイター通信の取材に、「電車はとても速く走っていた。車両がひっくり返って、自分は壁にぶつかった。車両の扉から5、6人が外に放り出された」と話した。

「何が起きたか考える暇もなかった。みんな急いで外に逃げようとした」

「90度回転した」

事故のあった路線は台北と台東を結ぶもの。普悠瑪6432号は、台北から770キロほど離れた蘇澳鎮に近い新馬駅の周辺で脱線した。

台湾鉄路管理局(TRA)の鹿潔身局長は、「90度回転した4両が最も犠牲者が多かった」と説明した。

鹿局長はまた、車両は6年前に製造されたもので、事故以前は「極めて良好な状態」だったと話している。

脱線の原因は明らかになっていないが、地元メディアは大きな騒音の後に火花と煙が上がったという目撃情報を伝えている。

地元テレビ局が公開した映像では、乗客が車両の窓を割って逃げる様子が映されていた。

「強化ガラスを割って車両の外にはい出て、若者が出てくるのを助けた」と、別の乗客は証言した。

「私の後ろに女性が座っていたが、助かったかは分からない」

AFP通信の記者によると、21日午後8時には脱線した車両から次々と遺体が運び出された。

現場の写真では座席がひっくり返ったり、線路の一部がねじまがり、ところどころ車両の窓から飛び立ているのが見て取れる。

台湾の蔡英文(ツァイ・インウェン)総統は22日午前に新馬に到着し、「検察に状況を明確にする」とともに、脱線の原因を速やかに特定するよう要請したと話した。

「この困難な時期にけが人のために祈り、犠牲者に哀悼の意を示したい」

台湾は全土に鉄道網が張りめぐらされ、毎日50万人以上が利用している。

(英語記事 Taiwan train derailment kills 18

提供元:https://www.bbc.com/japanese/45936421

関連記事

新着記事

»もっと見る