BBC News

2018年11月1日

»著者プロフィール

JR西日本は10月24日、トンネル内に社員を座らせ、最高時速300キロで通過する新幹線の風速を「体感」させる研修を中止すると発表した。

2016年に始まったこの研修について、JR西は安全意識の向上が狙いだったとしているが、労働組合の一部が中止を申し入れていた。

研修で参加者は、トンネル内の線路間にある通路にうずくまり、至近距離で通過する新幹線を観察した。

JR西日本の広報担当者はBBCの取材に対して、通路は深さ、幅共に約1メートルだったと話した。通路内に座った社員は、高速で通過する新幹線が生む風圧を「体感」したという。

1回の研修は最長で20分ほどで、これまでに約240人が参加した。

体感研修は、2015年に福岡県内のトンネルで起きた新幹線の部品落下事故を受け、2016年に始まった。事故はボルトのゆるみが原因だったと考えられており、乗客1人がけがをした。

JR西日本は、事故を受けて「車両検査に従事する技術者の技能や安全意識の向上」を意図していたと説明した。

<おすすめ記事>

ただし、この研修については、労働組合の一部が中止を求めていた。

JR西日本労働組合(JR西労)はBBCに対して、昨年から8度にわたり研修の中止を申し入れていたと話した。

研修に参加した社員の一部からは、線路内の石などが飛んできてけがをしないか心配した、粉塵(ふんじん)が体にかかって大変だった、などの声があがっていた。

社員の1人は労組に対して、「バラス(線路を支えるために敷かれた小石や砂)が飛んでこないかハラハラした」と話したという。

労組の聞き取りに対し「なぜこんな研修をするのか理解できない」と語った参加者もいたという。

日本メディアによると、研修を「怖かった」「見せしめのようだ」と語る参加者もいた。

毎日新聞は「風圧がものすごく、ドンと押さえつけられるようで怖かった。研修に何の意味があるのか」との参加者の声を伝えた。

ただJR西は、研修中止の決定は外部からの圧力が直接の原因ではないとした。

同社は社員の観察位置を変更した上で、体感研修を再開する計画。参加者は今後、トンネル外の線路脇にある柵の外から新幹線を観察するという。

広報担当者は新たな実施位置について、「研修の効果がより高まる」と述べた。

取材:坪井遥(BBCニュース、東京)

(英語記事 Japan bullet train stops 'scary' safety drills

提供元:https://www.bbc.com/japanese/46053292

関連記事

新着記事

»もっと見る