BBC News

2018年11月6日

»著者プロフィール

米テキサス州南部ウバルデ郡で3日に結婚式を挙げた若いカップルが、式から退場する際に乗ったヘリコプターの墜落事故で死亡した。

新郎のウィル・バイラーさんと新婦のベイリー・アッカーマン・バイラ-さんは共にサム・ヒューストン州立大学の学生だった。2人の死は学生新聞で最初に報じられた。

ソーシャルメディアでは、結婚式の参列者が式の写真とあわせて哀悼の意を表している。

友人の1人はフェイスブックに「完全に打ちのめされた!」と投稿し、ヘリの操縦士も死亡したことを付け加えた。

サム・ヒューストン州立大学の学生自治会長は声明で、2人は「これからずっと、その優しい心と元気いっぱいな魂の持ち主として、記憶されるだろう」と話した。

同大学の学生新聞「ヒューストニアン」はフェイスブックに、「悲しいことに、同大学の学生ウィル・バイラー(農業エンジニアリング専攻)とベイリー・アッカーマン・バイラー(農業コミュニケーション専攻)が、結婚式を離れる際のヘリコプター事故で亡くなりました。悲劇に遭った2人の家族のために祈ってください」と掲載した。

https://www.facebook.com/HoustonianNews/photos/a.408298737268/10157048228982269


式に参列した別の友人はインスタグラムに、「昨晩はあらゆる意味で魔法みたいだった。完璧だった。ベイリーとウィル、あなたたちみたいな真実のすばらしい愛を私も見つけたい。実際、あなたたちが幸せと愛に包まれてこの世を旅立ったことにホッとしている。イエス・キリストとハネムーンだなんて素敵じゃない。ここ数日をあなたたちと過ごせて幸せだった。私たちの心は痛んでいるけど、永遠じゃないって分かってる。大好きな友達、また会おうね」とつづった。

https://www.instagram.com/p/BpxrPiKBSN_/


ウィルさんとベイリーさんを乗せたヘリは、テキサス南部にあるバイラー家の牧場敷地内に墜落した。2人が式を挙げてからわずか1時間後だった。

ヒューストニアンによると、ウィルさんは農業エンジニアリングを学んでおり、大学ではロデオチームに所属していた。ベイリーさんは農業コミュニケーション専攻だった。

2人とも、大学の最終学年だったという。

米国家運輸安全委員会(NTSB)によると墜落したヘリはベルの「206B」で、メインローターとテイルローターにそれぞれ2枚のブレード付いているもの。

ヘリの残骸は4日の朝に発見された。地元警察は複数の死者が出ていると発表したものの、犠牲者の名前は公表していない。

2人の挙式会場は5日にウェブサイト上に声明を掲載し、「大きな喪失に見舞われたご家族に、心からお悔やみ申し上げます」と述べた。

ヘリを操縦していたジェラルド・グリーン・ローレンスさんも、死亡が確認された。

ローレンスさんの家族はABCに対し、ローレンスさんは陸軍に所属していたことがあり、ベトナム戦争に従軍していたと話した。

ABCの地元支局はツイッターで、「テキサス州ウバルデ郡で新郎新婦が挙式の1時間半後にヘリの墜落で死亡した。ヘリの操縦士は、ジェラルド・グリーン・ローレンスさんだと判明した」と伝えた。

https://twitter.com/abc13houston/status/1059419182847180800


(英語記事 Newlyweds die in air crash leaving wedding

提供元:https://www.bbc.com/japanese/46106043

関連記事

新着記事

»もっと見る