BBC News

2018年11月8日

»著者プロフィール

米ホワイトハウスは7日、ドナルド・トランプ大統領と舌戦を繰り広げた民放CNNのジム・アコスタ記者の記者証を取り上げた。

サラ・サンダース報道官は、アコスタ記者が「若い女性に手を上げた」ため、記者証をはく奪したと説明した。

CNNのホワイトハウス特派員を務めるアコスタ氏は、7日の記者会見でトランプ大統領から「失礼でひどい人間」と呼ばれた。

アコスタ氏と大統領のやり取りの最中、ホワイトハウスの職員がアコスタ氏のマイクを取り上げようとしたが、アコスタ氏はそれを拒み、さらに質問を重ねようとした。

問題となったこの場面はすぐにインターネットにも掲載された。米NBCニュースのツイッターアカウントは、「記者会見中、ホワイトハウスの職員が、トランプ大統領とやり取りしていたCNNのジム・アコスタ特派員のマイクをつかみ、体で奪おうとした」と書いた。

https://twitter.com/NBCPolitics/status/1060338922281005056


ホワイトハウスの説明

サンダース報道官はツイッターで、「職務を全うしようとした若い女性に手を上げた記者を、ホワイトハウスは決して許さない」と説明した。

「CNNが従業員の振る舞い方を誇っていることは不快なだけではない。現政権で働く若い女性を含む全ての人に対してCNNが働いている、とんでもない無礼な真似の一例だ」

「ホワイトハウスは今日の出来事に関わった記者の記者証を、追って通知があるまで停止する」

これに対しアコスタ氏は、自分が女性に手を上げたというサンダース氏の主張は「うそだ」と反論した

さらに、「たったいまホワイトハウスへの入場を拒否された。シークレットサービスから、午後8時の中継で敷地内に入れないと告げられた」とツイートした。

https://twitter.com/Acosta/status/1060332691143491584

記者会見でのやりとり

アコスタ氏は記者会見で中米から米国へ北上している「移民キャラバン」について質問した際、トランプ大統領から中傷を受けた。

このやりとりの最中、女性職員がアコスタ記者からマイクを取り上げようとした。

アコスタ記者に座ってマイクを下ろすよう言う前に、大統領は「もうたくさんだ、たくさんだ」と述べた。

「CNNは君を雇っていることを恥じるべきだ。サラ・ハッカビー(・サンダース報道官)に対する君の態度は最悪だ」

(英語記事 White House suspends CNN reporter's access

提供元:https://www.bbc.com/japanese/46134012

関連記事

新着記事

»もっと見る