BBC News

2018年11月19日

»著者プロフィール

米カリフォルニア州北部で猛威を振るっている山火事をめぐり、行方不明者がここ数日で1200人以上に急増している。

突然の増加によって、地元住民や当局の間で多少の混乱が生じている。

確認された死者数は76人となり、既に州の最多記録となった。この人数にさらに、1000人以上の行方不明者数が追加される可能性があるのだろうか?

答えはそう単純ではないと、被害が最も大きかったビュート郡の当局者は公に認めている。

行方不明者リストの登録人数が初めて1000人を超えた16日、コーリー・ホニア保安官は行方不明者のデータベースは「流動的」と説明した。

ホニア保安官はこの日、「私が提供している情報は未加工データで、名前の重複がある可能性は高いと考えている」と述べた。

11月8日の山火事発生以来、電話、報道、電子メールなどで寄せられる行方不明者の報告を、調査員が全て収集しようとしているため、数字が大きく変動していると当局は話している。

<関連記事>

火は素早く広がり、家族など大事な人たちを集め、混雑する道を脱出するまでの猶予は数分しかなかったという。

火勢の激しさから、地域の完全な回復には数週間かかる可能性があると、当局は警告している。また、遺体を捜索・発見するため、数百人の専門家と遺体捜索犬が報告を基に調べを進めている。

複数のニュースメディアが、郡発表の行方不明者リストに重複や奇妙な例外があるとすぐに指摘した。米紙ニューヨーク・タイムズは、初期のリストに119歳の行方不明者が5人記載されていたと指摘した

リストにあった人物の一部はソーシャルメディア上で追跡でき、この人たちは実際のところ無事だったと、ニューヨーク・タイムズは報じた。

AP通信は、住人の1人タマラ・コンリーさんの例を重点的に伝えた。コンリーさんは自分の無事を人々に伝えるため、フェイスブックに投稿した。

コンリーさんは15日夜、行方不明者リストの中の1ページを示し、「私の夫と私は行方不明になっていないし、なったこともありません!」と書いた。

「家族は誰も私たちのことを探していません(中略)私は電話し、リストから自分たちの名前を外してもらうよう伝言した」

ホニア保安官は、「未加工」の形でリストを公開した自分の決定を擁護している。

保安官は16日、報道陣に対し、「物事を完璧にやりたいからと前進をやめるわけにはいかない」と述べた。

「行方不明者の特定に着手できるよう、まずは情報を公表することの方が大事だ」

山火事で建物1万2000棟以上が崩壊し、依然としてカリフォルニア州の広い範囲に避難命令が出されたままだ。現在、数千人の住人が、一時宿泊施設やシェルターに散らばっている。

このため、実際の行方不明者の経過を追うのが困難なのは明らかだ。連絡手段の問題が、事態をさらに悪化させている。

送電鉄塔や送電線が火災で使えなくなり、現地では携帯電話も使えなくなった。一部地域では、電力会社が仮設の送電鉄塔を建てざるを得なくなっている。

郡のウェブサイトにある公式のリストとは別に、地元の掲示板や一時避難所にある木には、行方不明者を記したポスターも掲示されている。

遠方にいる親族や友人は、連絡の取れていない人の写真や情報をソーシャルメディアのグループに共有し、行方不明者発見をそれらのグループに頼っている。

被災地域は退職後の居住地として人気が高く、地域には高齢者が多かったことから、郡のリストに掲載されている人の多くも高齢者となっている。

山火事で破壊されたビュート郡の町パラダイスには、約2万7000人が住んでいたと推計されている。

最新の国勢調査によると、地域住民の約4分の1が65歳以上だった。

緊急避難が必要な状況における高齢住民の避難の難しさを、リストの年齢分布が浮き彫りにしていると、パラダイス警察のエリック・ラインボルド本部長は述べた。

ラインボルド本部長は、「他のあらゆる地域社会と同じように、この町にも高齢者がいる。その一部は車を運転しなくなっているし、出来なかったりする」と話した。

もし脱出できていたとしても、知人に連絡を取るためのインターネットや他の携帯連絡手段を利用できる可能性が、高齢者はより低いかもしれない。

家を追われたため、リストに載っている大勢が、自分が不明者扱いされていることに気づいてもいないかもしれないと、ホニア保安官は語った。

保安官事務所の報道官はAP通信に対し、リストは誰が行方不明かを「リアルタイム」で反映するものではなく、自分は無事だと連絡してもらうためにも広く公開したのだと話した。

既に人手が足りない中、人材の集中を支援するため、リストが更新されているか再確認し、安全が確認された人について音声メールではなく電話で知らせてほしいと当局は地元住民に要請を続けている。

(英語記事 California wildfires: Why are so many listed as missing?

提供元:https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-46257113

関連記事

新着記事

»もっと見る