この熱き人々

2018年12月25日

»著者プロフィール
閉じる

吉永みち子 (よしながみちこ)

1950年、埼玉県生まれ。85年、『気がつけば騎手の女房』で大宅壮一ノンフィクション大賞を受賞。著書に『母と娘の40年戦争』(集英社文庫)、『怖いもの知らずの女たち』(山と溪谷社)、『試練は女のダイヤモンド』(ウェッジ)などがある。

 新しいチャレンジが大好きだというニコライは、昨年から植物をモチーフにしたジュエリーのデザインも始め、新たなブランドを立ち上げている。

花の特徴をデザインに取り込んだジュエリー

 「次第に花の美しさを残したいという気分になって、プリザーブドフラワーのボックスも作ったけれど、さらに新しい形としてジュエリーを考えました。花のラインナップの一つとしてジュエリーがある。だから新しく開いたジュエリーショップは、自分の好きな花をずっと身に着けるためのフラワーショップでもあるんです。新しいことにチャレンジするのは大変だけど、それがまた花の仕事へのインスピレーションとしてフィードバックされてくるんですよね」

 アーティストとしての顔とビジネスマンとしての顔が同じ方向を向いているからだろうか、次々と世界を広げることに躊躇(ちゅうちょ)がない。現在、国内外に12店舗を展開し、韓国にも進出。忙しさはニコライにとっては心地よいものであり、感性を磨くためのアンテナでもあるようだ。スタッフと簡単なミーティングを終えると、軽やかに次の予定に向けて飛び去って行った。

にこらい ばーぐまん◉1976年、デンマーク生まれ。生花店経営をめざし国立ビジネスカレッジで学び、1998年に来日。生花店で経験を積み、2001年に自らのブランドを立ち上げる。北欧の感性と日本の美意識を融合させたデザインが人気を博し、ショップやスクールの運営、ホテルや店舗のディスプレイ、アートイベントなどで幅広く活躍中。

石塚定人=写真

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

◆「ひととき」2018年12月号より

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

新着記事

»もっと見る