日本人秘書が明かす李登輝元総統の知られざる素顔

2018年12月21日

»著者プロフィール
著者
閉じる

早川友久 (はやかわ・ともひさ)

李登輝 元台湾総統 秘書

1977年栃木県足利市生まれで現在、台湾台北市在住。早稲田大学人間科学部卒業。大学卒業後は、金美齢事務所の秘書として活動。その後、台湾大学法律系(法学部)へ留学。台湾大学在学中に3度の李登輝訪日団スタッフを務めるなどして、メディア対応や撮影スタッフとして、李登輝チームの一員として活動。2012年より李登輝より指名を受け、李登輝総統事務所の秘書として働く。

権力基盤を持たない李登輝の「深謀遠慮」

 そして1988年1月、李登輝が副総統のとき、総統の蒋経国が急逝する。憲法の規定により、その日のうちには宣誓を終えて総統に昇格していた。曰く、もっとも「無欲」な学者出身の政治家が、いつの間にか頂点にたどり着いたのだ。ここから李登輝は、心に秘めていた「台湾の人たちに、枕を高くして寝させてやりたい」という信念を行動に移す。

 とはいえ、短期間だけのピンチヒッター総統と思われており、党内に派閥もなければ、軍や情報機関も握っていないという「ないない尽くし」の総統であり、性急なことは出来なかった。まずは総統として、数十年も改選されていなかった立法院(国会)や国民代表大会の代表を全員退職させた。ひとり何百万元という退職金を支払って、である。

 並行して、当時の台湾は「中華人民共和国と内戦中であるため、暫定的に憲法を停止する」ことなどを決めた「動員戡乱時期臨時条款」、いわば国家総動員法を廃止した。これによって憲法の機能が復活する。こうなると、中国大陸のことは全く考える必要はなくなり、台湾内部の改革や民主化に集中することができるようになるのだ。

 李登輝は、党内の一部から漏れ聞こえてくる「李登輝は台湾独立派なのではないか」と訝しむ声を消し去り、妨害をたくらむ一派を安心させるために総統の主導で「国家統一委員会」を作った。当時はまだまだ「いつかは中国大陸を取り戻す」と息巻く者が少なからずいたという証左だろう。国家統一委員会は、将来の中国大陸と台湾の統一を進める組織だが、統一のための話し合いを始める条件がふるっている。「共産党が自由民主化され、富の配分が公平になったあかつきには、統一の話し合いを始める」というのだ。

 李登輝は笑って言う。「そんな日は永遠に来やしない。でもこの組織のおかげで、それまで私に猜疑心を持っていた連中は安心して、李登輝支持にまわるようになったんだ」。

民主化に成功したのは「日本教育」の賜物

 こうして李登輝は権謀術数を交えて党内の支持を集め、台湾の民主化を推めていく。言い換えれば、李登輝は総統かつ国民党主席という権力を用いて、社会の自由民主化を推進するという真逆のことを実践したのだ。いわば、独裁政権のトップたる絶大な権力を巧みに使い、独裁政権を瓦解させる自由民主化の推進に利用するという「アウフヘーベン」をやってのけたのである。

 李登輝は一連の民主改革を、一滴の血も流さず、一発の銃弾も打つことなく完成させた。「台湾の人々に枕を高くして寝させてあげたかったから」という信念を貫いた李登輝に、その強さの源を聞いて刮目したことがある。

「日本教育だよ。人間生まれてきたからには『公』のために尽くせ。そう叩き込まれてきたんだ。だから私は国民党の権力を手にしたときも、『私』のことは全く考えることなく『公』のために使おうと決心できたんだ」。

 そして李登輝はこう続けたのである。「だから台湾の民主化が成功したのは、日本のおかげでもあるんだ」と。

連載:日本人秘書が明かす李登輝元総統の知られざる素顔

早川友久(李登輝 元台湾総統 秘書)
1977年栃木県足利市生まれで現在、台湾台北市在住。早稲田大学人間科学部卒業。大学卒業後は、金美齢事務所の秘書として活動。その後、台湾大学法律系(法学部)へ留学。台湾大学在学中に3度の李登輝訪日団スタッフを務めるなどして、メディア対応や撮影スタッフとして、李登輝チームの一員として活動。2012年より李登輝より指名を受け、李登輝総統事務所の秘書として働く。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る