BBC News

2018年12月21日

»著者プロフィール

ジム・マティス米国防長官が来年2月に退任することになった。ドナルド・トランプ米大統領が20日、発表した。トランプ氏は前日19日、シリアで過激派組織「イスラム国」(IS)は「敗北」したため、掃討作戦を展開していた米軍は撤退を開始したといきなり発表していた。

トランプ氏はツイッターで、マティス長官が「同盟諸国と諸外国がそれぞれ応分の軍事負担を分担させるにあたり、僕を大いに助けてくれた」と書いた。トランプ氏は後任を発表していないが、近く決定する方針を示している。

マティス長官は辞表の中で、「同盟国を尊重」し、「共同の防衛を提供するため、アメリカの力のあらゆる道具」を使うことの重要性を強調。トランプ氏に向けては、「こうした事柄について、そして他の事柄についても、もっと自分自身の物の見方に近い国防長官を抱える権利があなたにはあるので、私は辞任するのがふさわしいと思います」と書いた。

長官はさらに、「この国の力は、独特で包括的な同盟関係や協力関係と、不可分に結びついていると、その核心的信条を私は常に抱えてきました。自由世界において米国は不可欠な国ですが、それと同時に、強力な同盟関係を維持し、その同盟国を尊重しないことには、自国利益を守れないし、自由世界における自分たちの役割を果たせません」と書いた。

<関連記事>

マティス長官辞任の知らせに対して、与党・共和党重鎮のリンジー・グレアム上院議員は、長官が「大統領とこの国に尽くしたことを誇りにするべきだ。イスラム過激主義と何十年も戦い、トランプ大統領に確かで倫理的な軍事的助言を与えてきた」とツイートした。グレアム議員はトランプ大統領の支持者だが、シリアからの米軍撤退については「オバマ的な大失敗」と批判し、ISは敗退していないので、撤退は「我々の同盟国や少数民族クルド人を危険にさらす」と警告していた。

共和党のマーコ・ルビオ上院議員は、マティス長官が「トランプ政権の混沌(こんとん)において安定のよりどころだった」と称え、その辞任は「怖い」展開だと述べた。

BBCのアンソニー・ザーカー北米担当記者は、「トランプ氏はマティス氏の辞任を、長年にわたる公職生活の末の名誉の引退だと説明したがるかもしれないが、これはそうではない。これは端的に、まぎれもなく、抗議の辞任だ」と指摘。政権内の貴重な「大人」だと与野党から信頼されてきたマティス長官が、その辞意表明でアメリカの幅広い同盟関係と独裁国家封じ込め政策を全面的に後押ししことは、長官がいかにトランプ氏と対立していたかのあらわれだと説明している。

トランプ政権のシリア撤退決定

トランプ大統領は19日、ISはシリアで敗れたと宣言し、米軍約2000人を撤退させるといきなり発表した。

米軍はシリア北東部の大部分でISを掃討したが、残存勢力が局所的に掌握する地域はまだ随所に残っている。

マティス長官はかねてから、シリアから時期尚早に撤退するのは「戦略的失態」になると警告していた。

国防総省は撤退発表に際して、「作戦の次の段階」へ移行していると表明したものの、詳細は明らかにしなかった。

ロイター通信は米政府筋の話として、米軍撤退のほか、ISへの空爆も停止する方針だと伝えた。

ホワイトハウスは撤退の時期的なめどは示していないが、米紙ニューヨーク・タイムズは国防筋の話として、大統領は30日以内の実施を求めていると伝えた。

米軍のシリア撤退を長く公約してきたトランプ氏はツイッターで、「ISIS(ISの別称)に対する歴史的勝利の後、偉大な若者たちを帰国させる時だ!」と書いた。

トランプ氏はさらにその後のツイートで、「シリアからの撤退は意外でもなんでもない。僕は何年もそれを公約して運動してきたし、本当にそうしたかった半年前、もっと残ることに合意した。ISISの地元での敵はロシアとシリアとその他だ。その仕事を代わりに我々がやっていた。もう帰国して再建するべきだ。#アメリカをまた偉大にしよう」と書いた。

https://twitter.com/realDonaldTrump/status/1075718191253504001


シリア撤退への反応は

共和党ではグレアム議員のほか、上院軍事委員会のボブ・コーカー委員長が撤退を批判した。グレアム議員は、今回のシリア撤退をバラク・オバマ前大統領のイラク撤退決定になぞらえて批判したが、コーカー議員は「それよりはるかにひどい」と述べた。

コーカー議員はBBCに対して、「これは駆け引き的な、政治的な決定だ。現場の実態にもとづいた決定ではない」と放した。

ドイツのハイコ・マース外相は、米国の決定はISとの戦いに打撃を与える恐れがあると懸念を示した。

シリアとイラクにおいて米国主導のIS掃討作戦に参加してきたフランスは、ISは壊滅したわけではないので、フランス軍をシリア北部に当面残す方針を示した。

シリアの少数民族クルド人勢力主体の民兵組織「シリア民主軍」(SDF)は、米軍の撤退はISとの戦いに「悪影響を与え」、ISに復活の機会を与えてしまうと警告した。

(英語記事 US Defence Secretary Jim Mattis resigns

提供元:https://www.bbc.com/japanese/46643300

関連記事

新着記事

»もっと見る