テレ東・プロデューサーが語る「テレビサバイバル」

2019年1月2日

»著者プロフィール
著者
閉じる

小林史憲 (こばやし・ふみのり)

テレビ東京・プロデューサー

1972年、東京都生まれ。98年、テレビ東京に入社。報道局で警視庁記者クラブ、「ガイアの夜明け」、「カンブリア宮殿」などの番組ディレクター、プロデューサー。北京支局特派員。現在はコンテンツ事業局・海外ビジネス部副部長。ドラマやアニメをプロデュースしながら、海外へのコンテンツ展開を進めている。著書に『テレビに映る中国の97%は嘘である』(講談社)、『騒乱、混乱、波乱、ありえない中国』(集英社)。

なぜ『WBS』は企業の広報に人気か

 『WBS』は平日の夜11時から放送している経済ニュース番組である。特徴は殺人事件や交通事故などはほぼ取り上げないことだ。世間を騒がすような大きなニュースであっても「我関せず」である。裏番組にテレビ朝日『報道ステーション』や、日本テレビ『news zero』、TBS『NEWS23』という総合ニュース番組があるため、一般の人はそちらを見ることが多いだろう。実際、『WBS』の視聴率はこれらのニュース番組よりも低い。

 広報担当者は自社の商品やサービスをいかに世の中に知ってもらうかを日々考えている。視聴率が高い方がより効果的のように思うが、なぜ他局のニュース番組よりも『WBS』の方が人気なのだろうか。

 今回の特集記事の中に読者アンケートがあり、「『WBS』を重視している理由」として興味深い回答があった。

・経営者が見ている番組だから

・取引先のバイヤーなども視聴しており、ひいては実際の購買層へのアピールにつながるため

・顧客層への直接効果も重要だが、この番組の場合は産業界、特に企業幹部へのアピールができるため

 要するに、番組の視聴率は高くないが、視聴者層が明確なため、ビジネスにつながりやすいということのようだ。一つ目の回答の「経営者」というのは、他社だけでなく自社も含むのかもしれない。広報担当者からすれば、自分の仕事ぶりを自社の社長にアピールできるという側面もあるからだ。

 余談だが、報道する側である我々の立場からすると、取材対象である企業から人気があるというのは素直には喜べない。経済報道とはいえ、ジャーナリズムであるべきだからだ。

 取材するのは、画期的な技術や今の時代を捉えた商品やサービスなど、視聴者に伝えるべきニュース価値があると考えるからであって、企業の宣伝をするためではない。株価暴落や企業の不祥事といったネガティブなニュースがあれば、それも当然報道する。

 取材する側とされる側には適度な緊張関係が存在してしかるべきで、商品やサービスのPRを目的とする企業側の思惑は、理解はしつつももどかしさがある。

関連記事

新着記事

»もっと見る