2011年10月号
空洞化最終章へ 腹をくくった経営者たち

■特集.1
空洞化最終章へ
腹をくくった経営者たち

◎新興国とのガチンコ勝負
◎「自動車産業の仕事は5分の1になる」
─ユーシン・田邊耕二社長

◎「世界で勝って国内に還流させる」
─日本電産・永守重信社長
◎政府は補助金より六重苦解消を

震災復興で自動車産業を中心に足元では活発な動きが見られるが、製造業の「海外移転」という潮流は止まるどころか加速している。中京圏の自動車産業の社員、部品メーカーの経営者からは「技術流出なんて言ってられない」「出なければ滅びる」という声が聞こえてくる。為替、税制、新興国シフト……。要因は複数あり解決はたやすくないが、大失業時代の到来が、はっきりと見えてきた。

■特集.2
震災で露呈
時代遅れの漁業権

◎震災前から訪れていた危機
◎海と魚は漁協だけのものか
◎日本の漁業 復活の処方箋
◎「水産業復興特区」はなぜ必要か
─村井嘉浩・宮城県知事に聞く 

東日本大震災で東北地方太平洋沿岸の漁業は壊滅的打撃を受けた。最大の被害を受けた宮城県が掲げるのは「水産業特区構想」。漁業権の開放で民間企業の参入を促し、復興を後押しすることをねらう。構想に反対するのが、漁業権を事実上独占してきた漁協だ。「民間企業が漁業に参入すれば、浜の規律が乱れる」。宮城県漁協の幹部はそう主張するが、被災地を取材すると現場の漁業者からは特区構想を支持する意見が少なくない。「いまの漁協は漁業権を既得権益化して、変革への意欲を持っていない」。漁業者のひとりはこういう。本特集では、漁協による漁業権の独占がもはや健全な漁業の発展を阻害している実態を明らかにする。

 
■WEDGE OPINION

中国ミサイルが狙う嘉手納と横須賀 安保60年目の課題
トシ・ヨシハラ(米国海軍大学准教授)

■WEDGE Report
ジョブズ後のApple テレビを攻めるか新興勢に敗れるか
世界に挑み始めた日本人ハッカー 13歳の天才も登場

■Point of View
激化する通貨安競争 為替政策が日本の命運を握る
坂本軍治(ジャパンエコノミックパルス・代表取締役社長)

プラネティストが行く by 中村繁夫
クロアチアの鉄道で聞いた学生の話

経済の常識・政策の非常識 by 原田 泰
漁業権問題 企業参入は本当に「悪」か

復活のキーワード by 磯山友幸
円高が迫る産業シフト 世界の才能を日本に呼べ

人にやさしい技術 by 武末高裕
大工が考えた力の要らない発電機
平松敬司さん(滋賀県草津市)

大人の社会見学 by 江上 剛
立ち止まって銅像に思いをはせる
都内銅像巡り

さよなら「貧農史観」 昆 吉則
なぜ農業界は「増収」によるコスト低減を語らないのか

CHINESE PUZZLE 2012 ~地方から読み解く中国 by 富坂 聰
来年の中国共産党大会でもっとも注目される人事とは

中東上級講座 by 畑中美樹
お茶くみから石油大臣 昔はあった勤勉性下克上

情感の日本 by 中西 進
仏塔に完成した日本美

ヒットメーカーの舞台裏 by 池原照雄
足掛け10年「粘り」の団塊エンジニア
不二ラテックス 家具類の転倒防止器具「不動王」

にっぽんの100人の青年 by 林 えり子
無印良品も認めた「野菜のお酢」をつくる
芙蓉酒造 6代目 依田昂憲さん

さらばリーマン by 溝口 敦
横浜中華街を盛り上げる在日華僑の「獅子バカ」

BUSINESS TOPICS
家電の航路 by 前田 悟
新刊クリップ
世界の記述
中国はいま某国で by 谷口智彦
拝啓オヤジ by 相米周二
読者から/ウェッジから

※フォーラム新・地球学の世紀は休載です。
来月号より隔月掲載します。

下部枠線
お電話からのお申し込み・お問い合わせ 0120-34-3746
  • WEDGEセレクション
ウェッジの書籍
ウェッジからのご案内
ひととき にっぽん温故知新 2016年7月号

ひととき
2016年7月号

特集
軍師・真田幸村伝説 講談「難波戦記」を歩く

詳細を見る