BBC News

2019年1月9日

»著者プロフィール

英ロンドン・ヒースロー空港で8日、敷地内でドローン(小型無人機)が目撃されたため、出発便が一時中断された。警察と軍隊が協力して捜査を進めている。

ロンドン警視庁は「刑事事件としての捜査」を開始したと発表した。また、ドローンを目撃した警官もいると明らかにした。

この影響で、ヒースロー発の航空便が約1時間、中断された。

ロンドンでは12月にもガトウィック空港でたびたびドローンが滑走路に侵入し、十数万人が影響を受けた。

ヒースロー空港はロンドン警視庁の捜査に協力しており、状況を注視していると発表。影響を受けた利用客に謝罪した。

「広範囲で捜査」

ロンドン警視庁のスチュアート・カンディー警視監によると、ドローンは午後5時過ぎ(日本時間9日午前1時過ぎ)に目撃された。危険回避のため出発便の離陸を中止し、初動捜査を実施したという。

カンディー警視監は、「ドローンの操作に責任を負う人物を特定するため、ヒースロー周辺を広範囲で捜査している」と説明した。

「空港での違法なドローン運用は非常に危険だと言うことをはっきり言いたい。航空安全法の下では航空機の安全を脅かす犯罪で、有罪となれば終身刑となることもある」

「我々は多くの人員と設備を投入してヒースロー周辺を監視しており、どんな違法なドローン運用もすぐに感知し止めさせる。配備の中には、ガトウィックの事件から学んで導入したものもある」

カンディー警視監は軍部の協力も得ていることを認めたものの、戦術の詳細は明らかにしなかった。

クリス・グレイリング運輸相はツイッターで、ドローン目撃についてヒースロー空港と連絡を取っているほか、内相と国防相とも話をしたと明らかにした。

国防省は、「ロンドン警視庁の要請に応じ、ヒースロー空港に専門装備を配備した」と話した。

一方、BBCでドローンによる撮影を担当しているマーティン・ロバーツ氏は午後5時45分ごろ、車で高速道路25号線を走っている際にドローンとみられる物を目撃したと語った。

「ヒースロー空港の北側、ハーモンズワースの上空90メートルほどのところに、とても明るい赤と緑の光が灯っているのが見えた」とロバーツ氏は説明した。

「ドローンは非常に特徴的な光を発するので、ヘリコプターではなくドローンだと言える」

「赤と緑の光はとても近かった。視界の良い夜で、物体は動かず、少しだけ向きを変えていた。4~5分ほど、とてもよく見ることができた」

ガトウィック空港では昨年12月19~21日に、36時間以上にわたり滑走路が閉鎖され、利用客約14万人が影響を受けた。3日間にわたりドローンが目撃された影響で、約1000便が欠航となった。

ガトウィック空港はすでに、ドローンによるこれ以上の妨害を防ぐために500万ポンド(約7億円)を投じると発表している。ヒースロー空港も、ドローン対策システムを購入することを明らかにしている。

また政府は7日、ドローンの違法運用対策として警察の権限を拡大する方針を明らかにした。

BBCのトム・バリッジ運輸担当編集委員は、今回の「大事件」はガトウィックほどの混乱を起こさなかったものの、イギリスの空港がどのようにドローンに対処していくべきかという疑問が浮かび上がったと指摘した。

各空港は最新の技術に目を向けているようだが、「いたちごっこ」になっていることは明白だとバリッジ編集委員は分析し、航空業界は「何カ月も大胆な方策が必要だと」訴えていると付け加えた。

(英語記事 Police and military probe Heathrow drone

提供元:https://www.bbc.com/japanese/46805403

関連記事

新着記事

»もっと見る