BBC News

2019年1月23日

»著者プロフィール

米ニューヨーク州北西部モンロー郡グリースの警察は22日、イスラム教徒のコミュニティーに対する襲撃を計画していたとして男性3人と少年1人を逮捕・訴追したと発表した。

グリース警察は、イスラム教徒コミュニティー襲撃を共謀し、自家製爆弾や銃器を所有していた疑いで、ブライアン・コラネリ容疑者(20)、ヴィンセント・ヴェトロミル容疑者(19)、アンドリュー・クライセル容疑者(18)、16歳少年を逮捕した。23日にも罪状認否などのため出廷する予定。

調べによると、4人はパキスタン人のイスラム教指導者が作ったコミュニティ「イスラムバーグ」を攻撃しようとしていた。ダクトテープや大きいガラス容器、飛び散らせるための釘などを入れた円筒などを組合わせた爆発物を少なくとも3つ作り、グリース市内にある16歳少年の自宅に保管していた。さらに、23丁の銃火器が複数の場所で見つかった。

グリース警察のパトリック・フェラン本部長によると、16歳少年が18日に学校で計画をうかがわせる発言をして、それを別の生徒の耳に入ったことから、襲撃計画が発覚したという。

警察によると、4人のうち少なくとも3人は、ボーイスカウトで一緒だった。

イスラムバーグはマンハッタンから北西に約240キロ、キャッツキル山地の西側にある。住民のほとんどはアフリカ系アメリカ人で、ニューヨーク市の犯罪や混雑から離れたい人たちが移り住みコミュニティーを作った。

平和的で親しみやすいコミュニティーだと地元の人たちは言うが、陰謀論を展開するインフォウォーズなどの右翼系メディアは具体的根拠を示すことなく、イスラムバーグがイスラム過激派の訓練拠点になっていると主張してきた。

2017年にはテネシー州在住の当時65歳の男性が、イスラムバーグのモスク(イスラム教寺院)焼き討ちを2015年に計画した罪で有罪となり実刑判決を受けた。

2015年には、アリゾナ州在住の男がイスラムバーグ襲撃の予告ビデオをインターネットに投稿した。この男は2016年にオレゴン州の連邦政府施設を武装占拠し、2017年に実刑判決を受けた。

(英語記事 Four held over New York state 'plot' against Muslims

提供元:https://www.bbc.com/japanese/46968730

関連記事

新着記事

»もっと見る