矢島里佳の「暮らしを豊かにする道具」

2019年2月8日

»著者プロフィール
閉じる

矢島里佳 (やじま・りか)

株式会社和える 代表取締役

1988年東京都生まれ。職人と伝統の魅力に惹かれ、19歳の頃から全国を回り始め、大学時代に日本の伝統文化・産業の情報発信の仕事を始める。「日本の伝統を次世代につなぎたい」という想いから、大学4年時である2011年3月、株式会社和えるを創業、慶應義塾大学法学部政治学科卒業。2012年3月、幼少期から職人の手仕事に触れられる環境を創出すべく、 “0歳からの伝統ブランドaeru”を立ち上げ、日本全国の職人と共にオリジナル商品を生み出す。テレビ東京「ガイアの夜明け」にて特集される。日本の伝統や先人の智慧を、暮らしの中で活かしながら次世代につなぐために様々な事業を展開中。

驚きのアートを生み出す「小さな職人」の正体

 ところで、やや年代物のこの器の面白みを演出している、小さな不揃いの丸い輪の正体をご存知だろうか。

(写真提供:筆者) 写真を拡大

 初めて目にしたときは、「な、なにこれ……?!」と、思ったが、この丸い輪の正体を職人さんに聞くと、菜種だというからびっくり。家庭でよく使われる菜種油の原材料、菜種がこんなアートを生み出した張本人なのである。多くは青森県の横浜で栽培されている。津軽塗りは、何度も漆を塗り重ねて研ぎ出して作られるのが特徴である。漆を塗った後に、漆が乾くか、乾かないかの絶妙な頃合いを見計らって、菜種を前面に撒くのだ。そして、乾ききる前に菜種油を木べらで剥ぎ取る。

(写真提供:株式会社和える) 写真を拡大

 すると凹凸が生まれる。その上に赤い漆を塗り、研ぎ出すと凹凸によってこのようなアートが生まれるのだ。この丸い輪、和えるで作っている『青森県から 津軽塗りの こぼしにくいコップ』よりも輪の大きさが大きいなぁと思い、職人さんに聞いてみたら、年代物なので昔の菜種を使っているからだろうとのこと。

『青森県から 津軽塗りの こぼしにくいコップ』(写真提供:株式会社和える) 写真を拡大

 どういうことかというと、菜種も長い年月の中で品種改良されてきた結果、近年の菜種は小粒になってきているとのこと。だから、輪の直径が小さくなっているのだ。うーん、面白い。輪の直径で作られた時期がなんとなくわかるのだ。

(写真提供:筆者) 写真を拡大

関連記事

新着記事

»もっと見る