2019年2月19日(火)

シェアプロ

2019年2月11日

PR
 

 世界無形文化遺産でもある「和食」は、日本が誇るインバウンド向けコンテンツの1つ。来る2020年のオリンピック/パラリンピックや2025年の大阪万博というビッグイベントも後押しし、和食のみならず日本文化に関心を示す海外の人はますます増えることが予想される。

 とくに、海外の食通たち(フーディーズ)は好奇心が強く、よい食を求めて現地へ赴くほどアクティブだ。未知の食体験を得るためにはお金を惜しまない、文化的な富裕層が多いのが特徴的だ。彼らは、単に各国の食を楽しむだけにとどまらず、旅行を通じて、食にまつわる歴史や文化、自国と異なる価値観への探求心を満たしたいのだ。

 しかし、日本には、そんな外国人旅行客を満足させる土壌が整っていない。彼らは、東京や大阪などの大都市にとどまらず、地方でとれた新鮮な食材を味わいたいと思っているが、生産者や自治体を含め地方には、受け入れ態勢が十分でない。

 食通の外国人旅行客の需要と、それを満たすだけの良質な食材があっても、発信力不足で広められない地方。そこで、両者をマッチングさせ、日本の食文化の潜在力を掘り起こそうとさまざまなサービスを打ち出す会社シェアプロがいま、注目を浴びている。そのサービスや実績、代表取締役CEOである岸伸久氏の今後のビジョンに迫る。

築地クッキング(Tsukiji Cooking)
~築地場外市場の新鮮な食材を厳選したインバウンド向けの料理体験~

 「築地クッキング(Tsukiji Cooking)」は、外国人旅行客の想いに応える形で5年前に開始したシェアプロが提供するサービスの一つ。海産物をはじめ全国の新鮮で良質な食材が集まる築地場外市場をロケーションにし、日本の伝統的な和食を体験してもらうインバウンド向けのプログラムだ。メニューは多岐にわたり、お寿司から、肉じゃがなどの私たちの普段の食卓に並ぶような家庭料理もある。帰国後も、自宅でも同じ料理を作れるようにと、産地、旬、自国で作る際の代替の食材から調味料も含めて紹介しているのが、非常に実践的といえる。

 また、フーディーズの日本文化への探求心を満たすために、食材の由来に関して、料理指導をする先生が一から丁寧に教えてくれるのも特徴的だ。例えば、元旦で食べる伝統料理のおせちを挙げてみよう。黒豆は、「まめに暮らす」「まめに働く」などの意味があるが、現代に生きる私たちは、気にせず食しているのではないだろうか。海外のフーディーズは、そんな日本人がおろそかにしがちな風習、文化へも興味を示すのだ。

 料理のメニューの選定は、自由度の高いカスタマイゼーションを意識している。フーディーズのような富裕層は、特別で唯一無二の経験を求めているため、よりオリジナリティ溢れるカスタマイズしたプログラムを好む。ベジタリアン、宗教上の制約で食べられないものがある人、健康を意識してグルテンフリーを好む人など、さまざまな理由で食の制限がある人は大勢いる。そのため、例えば、照り焼きを使ったメニューをつくる場合は、ベジタリアンの人用に厚揚げを代用するなど、一人ひとりの趣向に合わせたメニューのカスタマイゼーションを重要視しているのだ。

 サービス開始から5年がたち、客層の変化が顕著だ。元々は欧米の外国人旅行客が多数を占めていたが、最近では香港やシンガポールなどアジアの割合も高まっている。リピーターもいるが、ほとんどが口コミにより広まっている。実際に参加した外国人旅行客が帰国後、同じく食に興味を持つコミュニティへと積極的に発信しているようだ。

 サービスの秘訣は、食材と料理指導をする先生だ。食材は、もちろんロケーションでもある築地場外市場から直接仕入れた、鮮度ある良質で旬な食材が売りだ。生産地も明確で、上質なものを食べられるとフーディーズからは好評だ。

 また、先生に関しては、全国3,000もある個人料理利教室のネットワークの中から、エンタメ性があり英語が堪能で、一人ひとりに目が行き届く心配りのある先生を厳選して誘致している。元々、日本の消費者は食に対して厳しい審美眼を持っていることに加え、さらに食材への知見がより深い料理教室の生徒たちをひきいる日本の先生は食へのこだわりに余念がない。

株式会社 シェアプロ 岸伸久 代表取締役 CEO