BBC News

2019年3月4日

»著者プロフィール

アメリカ西岸オレゴン州で、大雪の中を5日間にわたり立ち往生したアメリカ人男性とその飼い犬が、タコソースだけで生き延びた。救出した警察が明かした。

ジェレミー・テイラー氏(36)と飼い犬のアリーは先月24日、ガソリンを買いに出かけたまま帰宅せず、先月27日に行方不明届けが出されていた。

警察は、行方不明になってから5日後の今月1日にテイラー氏を発見した。テイラー氏の車は雪にはまって立ち往生していた。警察によると、テイラー氏とアリーの健康状態に問題はないが、「空腹だった」という。

調べによると、1人と1匹は行方不明になった24日夜、車内で眠ったが、翌日になると積雪がさらに増えていたという。歩いて帰ろうしたものの、雪が深過ぎたため車に戻った。テイラー氏は携帯電話を持っていなかった。

当時の状況について警察は声明で、「ジェレミーは時折、車のエンジンをかけて車内を暖めて残りの4日間を過ごした。そして、わずかに残っていたパック入りのタコソースを食料にしていた」と詳細を明かした。

<関連記事>

救出されたテイラー氏はフェイスブックに、感謝のメッセージと共に「運が良かった。2度と同じことはしない」と投稿した。

テイラー氏が持っていたタコソースは、米メキシカンファストフードのタコベルの「ファイアー・ソース」3パックだったとみられる。「おかげで命拾いした」とテイラー氏は話している。

タコベルは、テイラー氏とアリーが元気で嬉しいとコメント。「ぜひタコスとささやかなプレゼントを贈りたい」ので、タイラー氏と連絡をとろうとしているという。

(英語記事 Snowbound man and dog saved by taco sauce

提供元:https://www.bbc.com/japanese/47436936

関連記事

新着記事

»もっと見る