BBC News

2019年3月5日

»著者プロフィール

米ドラマ「ビバリーヒルズ青春白書」や「リバーデイル」などで人気を得た米俳優ルーク・ペリーさんが、脳卒中のため亡くなった。52歳だった。1週間近く前に重度の脳卒中を起こし、ロサンゼルスの病院に運ばれていた。

広報担当は4日、ペリーさんが家族や友人に囲まれて息を引き取ったと発表した。

米メディアは、2月27日にロサンゼルスにあるペリーさんの自宅に救急車が呼ばれたと伝えていた。

広報担当のアーノルド・ロビンソン氏は、「世界中からルークに贈られたあふれんばかりの支援と祈りに、遺族は感謝している。大変な悲しみの中にいる今、遺族はプライバシーを尊重して欲しいと願っている」とコメントを出した。

ペリーさんは、ロサンゼルスのワーナーブラザーズ撮影所で「リバーデイル」を撮影中だった。ペリーさんの訃報を受け、「リバーデイル」の撮影は一時中断された。

ペリーさんは、アメリカ中西部オハイオ州出身。1990年から2000年にかけて「ビバリーヒルズ高校白書」と「ビバリーヒルズ青春白書」に、主人公の親友、ディラン・マッケイ役で出演した。2月27日には、シリーズの再開が発表されたばかりだったが、ペリーさんの出演が予定されていたかは明らかになっていない。

シリーズで恋人役を演じたシャネン・ドハティーさんは2日、芸能ニュースサイト「エンターテインメント・トゥナイト」に、入院中のペリーさんに連絡をとったことを明らかにし、「今は話せません。泣いてしまうので。でも彼のことが大好きだし、彼も私の気持ちを分かってくれてます。ルークで、私のディランなので」と話していた。

ペリーさんはほかにも、米ドラマ「OZ/オズ」や映画「フィフス・エレメント」、「エイト・セカンズ」などにも出演していた。

人気ドラマ「Buffy the Vampire Slayer」の映画版でペリーさんと共演したサラ・ミシェル・ゲラーさんはインスタグラムで、「ブレンダとディラン」としてのドハティーさんとペリーさんの写真と共に、「私の高校時代の全ては、ブレンダとディランのおかげだった。それが今は、ルーク・ペリーの喪失を嘆く親友のシャネン・ドハティーの手を握るはめになった。こんな風になるはずじゃなかった。彼がどれほどの人に影響を与えたか、ご家族にも知ってもらいたい。一番好きな台詞は『僕が選んだ。僕は君を選んだ。君が欲しい。ずっと君が欲しかった』」と書いた。

https://www.instagram.com/p/BumWriqn6Wg/


(英語記事 Luke Perry of Beverly Hills, 90210 and Riverdale dies at 52

提供元:https://www.bbc.com/japanese/47451152

関連記事

新着記事

»もっと見る