前向きに読み解く経済の裏側

2019年3月18日

»著者プロフィール
閉じる

塚崎公義 (つかさき きみよし)

久留米大学商学部教授

1981年、東京大学法学部卒業後、日本興業銀行(現みずほ銀行)に入行。主に調査関連部署に勤務した後、2005年に銀行を退行して久留米大学へ。著書に『増補改訂 よくわかる日本経済入門』(朝日新書)、『老後破産しないためのお金の教科書』(東洋経済新報社)、『世界でいちばんやさしくて役立つ経済の教科書』(宝島社)、『なんだ、そうなのか! 経済入門』(日本経済新聞出版社)など多数。

身近な企業の情報ならプロに勝てるかも

 某航空会社は巨大企業ですから、多くのプロが研究しているため、株価が割安に放置されている可能性は小さいのですが、A社のようなローカル企業の場合には、プロたちが十分に情報を得たり分析したりしていませんから、株価が割安に放置されている可能性があります。

 たとえばA社が味もサービスも良く、いつも店が混んでいるとします。その情報は筆者には容易に得られますが、東京の大手投資家には入りにくいでしょう。したがって、投資初心者でも情報量でプロに勝てる可能性があるのです。企業が成長していくであろうことが株価に織り込まれていない間に株を購入することができるというわけですね。

 地元で贔屓にしているレストランチェーンの株を買って、株主優待を楽しみながら、地元企業が成長していくのを応援する、というのも株式投資の楽しみ方の一つとして悪くないと思いますよ。

 投資初心者が個別株の投資を始めるとしたら、そうした投資からスタートしてみても良いかもしれませんね。

 本稿は以上です。なお、筆者はA社および某航空会社の株主になって良かったと思っていますが、本稿は読者に同社株をお勧めするものではありません。投資は自己責任でお願いします。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る