2011年12月号
もうひとつの沖縄問題 10兆円振興策への依存体質

■特集.1
もうひとつの沖縄問題 10兆円振興策への依存体質
◎自立できない沖縄経済
◎公共事業依存のまち
◎ITも金融特区も不発
◎一括交付金3000億は妥当か

基地問題に揺れ続けてきた沖縄は復帰40年の節目を迎える。
「本土との格差是正」、「自立型の経済の構築」を目標にこれまで沖縄には10兆円規模の巨額の予算が投下されてきた。
しかし、特別措置によって沖縄は公共事業に依存し経済の自立への道筋を描けないままとなっている。
来年度から沖縄県が要望する3000億円もの一括交付金は今度こそ沖縄の経済振興につながるのか、
それとも新たな依存への道をたどるのか。

 

■特集.2
流通不明70万頭? 売れ残りペットはどこへ行く
◎規制強化でも把握できない70万頭
◎誰も語れない「売れ残り」の行方
◎業界全体でトレーサビリティの確立を

犬・猫は平均で毎年150万頭が新たに流通している。
しかし、このうち約半分がどのように流通しているのか分かっていない。
ブリーダーと小売業者の関係を強化したり、マイクロチップの普及を進めたりするなど、業界内では、流通経路の透明化に向けた取り組みが始まっているが、まだ一部に限られている。
これを点から面へと広げなければならない。
殺処分数は、10年で半減した。愛護団体や業界の取り組み、飼い主の意識向上など、それぞれの努力の成果だ。
今、動物愛護法の改正論議が進んでいるが、流通経路が明らかになれば、より効果的な規制をつくることにも役立つはずだ。


■WEDGE OPINION.1
グローバリズムの逆回転 欧米転換で進む円高 マイナス金利で対抗を
倉都康行(RPテック代表)

■WEDGE OPINION.2
日本は世界の原子力と アジア全体のエネルギー安全保障に貢献を
田中伸男(国際エネルギー機関〔IEA〕前事務局長/日本エネルギー経済研究所特別顧問)

■Point of View
「政府与党一元化」の原点に立ち党内調整に汗をかけ
飯尾 潤(政策研究大学院大学教授)

〔最終回〕 プラネティストが行く by 中村繁夫
プラネティズムとは「慈しみの心」と見つけたり

復活のキーワード by 磯山友幸
地方が税制で競うスイス 所得税12%から26%まで

経済の常識・政策の非常識 by 原田 泰
大阪W選挙の争点 教育論議には根拠が足りない

人にやさしい技術 by 武末高裕
厄介モノが活躍 破砕した竹でヘドロを固める
福岡大学工学部教授・佐藤研一さん(福岡県福岡市)

大人の社会見学 by 江上 剛
古くて新しい素材「エボナイト」
日興エボナイト製造所

さよなら「貧農史観」 by 昆 吉則
子供が農家を継がないのは「儲からないから」なのか

CHINESE PUZZLE 2012 ~地方から読み解く中国 by 富坂 聰
習近平の後任に抜擢された実務に長けた元人事マン

中東上級講座 by 畑中美樹
若者に「ウケる」日本のサブカルチャー

情感の日本 by 中西 進
水墨画が描いた無

ヒットメーカーの舞台裏 by 池原照雄
紙のボロボロ防止で不満解消
ライオン トイレ用洗剤「ルックまめピカ トイレのふき取りクリーナー」

にっぽんの100人の青年 by 林 えり子
雨にも風にも負けず山小屋に荷物を運ぶ歩荷
五十嵐寛明さん(歩荷)

さらばリーマン by 溝口 敦
「スーパー秘書」からアートイベント実行委員長へ

〔最終回〕 家電の航路 by 前田 悟
●新刊クリップ
●世界の記述
●中国はいま某国で by 谷口智彦
●拝啓オヤジ by 相米周二

読者から/ウェッジから
 

下部枠線
お電話からのお申し込み・お問い合わせ 0120-34-3746
  • WEDGEセレクション
ウェッジの書籍
ウェッジからのご案内
ひととき にっぽん温故知新 2016年8月号

ひととき
2016年8月号

特集
【創刊十五周年記念特集】数でめぐる京都

詳細を見る