BBC News

2019年3月29日

»著者プロフィール

南米ヴェネズエラの会計検査院は28日、暫定大統領就任を宣言した野党代表のフアン・グアイド国民議会議長(35)が今後15年間、公職に就くことを禁止すると発表した。

エルヴィス・アモロソ会計検査院長は、グアイド氏の個人的な財務諸表に矛盾があったと述べた。15年間の公職禁止は、法律で定められている最長の罰則となる。

グアイド氏はこの発表を拒絶し、アモロソ氏は「監査役ではない。監査役を任命する権限を有するのは、合法な議会だけだ」と述べた。

ヴェネズエラの首都カラカスで取材するBBCのウィル・グラント記者によると、グアイド氏が現在の国民議会議長の任期満了時に再出馬を決めた場合、今回の決定が効力を発揮する。

1月に暫定大統領就任を宣言したグアイド氏をめぐっては、アメリカをはじめ50カ国以上が暫定大統領として承認している。

<関連記事>

ヴェネズエラ当局は21日、グアイド氏の首席補佐官を務めるロベルト・マレロ氏(49)を逮捕した。マレロ氏は政府高官に対し「破壊行為」を企てた罪に問われている。

ネストル・レベロル内務相は、情報機関がマレロ氏の自宅を捜索した際に「武器と外貨」が見つかったと述べた。

これに対しグアイド氏は、治安部隊は「違法で違憲な」行為をしたと述べ、マレロ氏の自宅で見つかったとされるものは当局によって仕込まれたものだと考えていると付け加えた。

マレロ氏の逮捕をめぐっては、アメリカ、欧州連合(EU)、ラテンアメリカ諸国が即時釈放を求めるなど、国際的な非難が巻き起こっている。

米トランプ政権の後ろ盾を受けるグアイド氏は、社会主義政権の成長への不満から、マドゥロ大統領に辞任を求めている。

近年のヴェネズエラは、政治的および経済的危機に直面してきた。ハイパーインフレに加え、食品や医薬品といった生活必需品が不足しており、数百万人の国民が国外に脱出している。

両者の言い分

グアイド氏とニコラス・マドゥロ大統領は、それぞれ自分こそ合法的な大統領だと主張している。

1月にグアイド氏が暫定大統領就任を宣言すると、ヴェネズエラの最高裁はグアイド氏の出国を禁止したほか、銀行口座を凍結する判断を下した。グアイド氏はこれに逆らって出国し、コロンビア・ボゴタで開催された中南米諸国との会議に出席するなど国際援助を働きかけた。

マドゥロ氏の辞任を要求し続けているグアイド氏は、政権を支持する治安部隊に対しグアド氏側に寝返るよう促している。

今月7日に発生した大規模な停電をめぐっては、検事総長は先週、グアイド氏が国内の電力系統を妨害した疑いで捜査するよう最高裁判所に指示したと明かした。

中国とロシアの支持を得ているマドゥロ氏は、アメリカが画策するクーデターに関わっているとしてグアイド氏を非難している。

アメリカとロシアの対応

ドナルド・トランプ米大統領は27日、ロシアはヴェネズエラから「出て行く」べきだと主張。ロシアは28日、この発言に反応した。

ロシア外務省のマリア・ザハロワ報道官は、「ロシアに対してヴェネズエラから『出て行く』よう指図するなんて、完全に度が過ぎている。世界規模でまったく粗悪な行為だ」と述べた。

トランプ大統領の発言は、ロシアによる約100人の軍人と装備品のヴェネズエラへの派遣を受けてのもの。ロシアの軍用機2機が23日、カラカスの空港に到着したことが確認されている。

マイク・ポンペオ米国務長官は24日、ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相との電話会談で、ヴェネズエラでの「非建設的な行動を止める」よう求めた。

ヴェネズエラの主要な同盟国のロシアは、ヴェネズエラに数十億ドルの資金を援助し、原油産業と軍事を後押ししている。

(英語記事 Venezuela's Guaidó given 15-year ban

提供元:https://www.bbc.com/japanese/47729936

関連記事

新着記事

»もっと見る