BBC News

2019年4月4日

»著者プロフィール

複数の女性から不適切なスキンシップを批判されたジョー・バイデン前米副大統領(76)は3日、自分はこれまで政治家として人間同士のふれあいを重視してきたが、今後は他人の空間を侵害しないよう留意すると話すビデオを公表した。バイデン氏は2020年大統領選に出馬するものとみられているが、複数の女性からの批判を受け、その見通しに暗雲がたちこめている。

バイデン前副大統領はツイッターにビデオを投稿し、「社会規範は変化している。それは理解していますし、この女性たちが何と言っているか聞きました。自分にとって政治は常に、人とのつながりを意味してきましたが、今後はもっと気をつけて他人の個人的スペースを尊重するよう留意します。それが自分の責任だし、その責任を果たします」と合わせてツイートした。

https://twitter.com/JoeBiden/status/1113515882960052224

スマートフォンで撮影されたように見える短いビデオでバイデン氏は、自分は政治家として常に「人間同士のふれあい」を重視してきたと述べ、「握手して、ハグして、男女どちらも肩をつかんで『大丈夫、できるよ』と励ましてきました。老若男女を問わず、いつもそうしてきた。相手のことを気にかけている、じっくり聞いていると示そうと」そうしてきたと説明した。さらに、「長年ずっと、自分が何を経験してきたか承知している何十人、何百人の人が僕に手を差し伸べて、自分たちが経験している悲劇をなんとかして乗り越えるため、慰めや、何か、何でもいいから何かを求めてきた。自分はそういう人間なんです。政治は冷たくて、よそよそしいものだなんて、思ったこともない」と述べた。

その上でバイデン氏は、「社会規範が変化し始めていて、個人的空間をどう尊重するかの境界線が引き直されました。それは分かります。分かります。皆さんが何を言っているのか、分かります。理解しています。なので、前よりもっと気を使います。それは自分の責任で、僕は責任を果たします」、「他の人の個人的スペースを前よりもっと尊重します。それは良いことなので。良いことなので」と強調した。

さらにバイデン氏は、「僕はこれまで一生かけて、女性に力を与えるよう働いてきました。一生かけて、虐待を防ぐため働いてきました。なので、個人的スペースが重要で、これまでよりずっと重要になったことに、僕が対応できないなど、そんなことはあり得ない。対応します、そうしますよ」と繰り返した。

<関連記事>

2009~2016年にかけてオバマ政権の副大統領だったバイデン氏は、2020年大統領選に出馬するか、まだ正式に表明していない。出馬すれば民主党の候補指名を目指す多くの候補者の中でも最有力の1人になるとみられている。

「とても不愉快

バイデン氏については、元ネヴァダ州議会議員のルーシー・フローレス氏は、2014年の選挙集会でバイデン氏に後頭部をキスされたと主張している。

またエイミー・ラッポス氏は2009年の選挙資金集めの集会でバイデン氏に両手で顔に触れられ、鼻をこすりつけられたと話している。

さらに2日にはケイトリン・カルーソ氏(22)が米紙ニューヨーク・タイムズに、3年前のイベントでバイデン氏が自分の太ももに手を載せ、「不快感を示すために椅子の中でもぞもぞ動いても」外してくれなかったと話した。

59歳のライター、D.J.ヒル氏は同紙に、2012年の支持者集会でバイデン氏が自分の肩に手を載せ、背中を触りながら下へ滑らせたため、「とても不愉快だった」と話した。

トランプ氏がバイデン氏を嘲笑

民主党の間では、反応はさまざまだ。すでに大統領選出馬を発表している、エリザベス・ウォーレン上院議員(マサチューセッツ州選出)やエイミー・クロブシャー上院議員(ミネソタ州選出)は、女性たちの非難に答えるようバイデン氏に求めている。

また、民主党幹部のナンシー・ペロシ下院議長は、バイデン氏の出馬資格がなくなったわけではないと擁護しつつ、「今のこの世界では、人の個人的空間はその人にとって大事なものだし、大事なのはあなたがどういうつもりだったかではなく、相手がどう受け止めるかだということを、(バイデン氏は)理解しなくてはならない」と苦言した。

その上でペロシ氏は米政治ニュースサイト「ポリティコ」に、「まっすぐな腕のクラブにようこそ」と言い、握手だけにとどめるよう助言。「お互い風邪を引いているふりをすればいいんです」と語った。

一方、ドナルド・トランプ大統領を支持する政治行動委員会は、「不気味なジョー・バイデン」というビデオを公表し、前副大統領はアメリカの子供にとって良いお手本にはならないと主張した。

https://www.youtube.com/watch?time_continue=1&v=DgyUHnFZDq0


トランプ大統領自身もバイデン氏を嘲笑し、不適切な接触の告発を広めているのは民主党内左派の画策だろうと述べた。

トランプ氏は2日夜に共和党全国委員会の集まりで、「社会主義者がしっかり面倒見てやってる。がっちりつかまった」とバイデン氏をからかった。

トランプ氏はその後4日には、バイデン氏の釈明ビデオをからかうビデオを自分のツイッターアカウントの固定ツイートにした。これに対してバイデン氏のアカウントは「いつもながら大統領らしいふるまいだ」と反撃している。

トランプ氏については、十数人の女性が性的加害行為を受けたと主張している。また大統領選前には、女性へのわいせつ行為に言及する音声が公表され問題となり、トランプ氏が自ら謝罪する展開となった。

(英語記事 Joe Biden pledges to respect women's 'personal space' / Joe Biden allegations no bar to 2020 bid, says Pelosi

提供元:https://www.bbc.com/japanese/47810337

関連記事

新着記事

»もっと見る