今月の旅指南

2019年4月24日

»著者プロフィール
閉じる

狩野直美 (かのう・なおみ)

東京生まれ。フリーライター。旅行業界誌の記者・編集者を経て、1994年からフリーランスに。主に海外旅行関連誌、ウェブマガジン等に記事を執筆中。

 静岡県の奥駿河湾に面した沼津市内浦地区。この地には、戦国時代に関東一円と伊豆を治めていた北条氏の水軍基地である長浜城が築かれていた。

 長浜城跡は、昭和63年(1988)に国の史跡に指定され、現在では復元・整備された城跡を見学することができる。毎年5月には、この場所を舞台に、往時を偲ばせる「長浜城北条水軍まつり」が催される。

合戦の迫力を伝える火縄銃演武

 長浜城北条水軍まつりは平成27年(2015)の史跡公園開園をきっかけにスタートし、今年で5回目を迎える。当日は鎧兜(よろいかぶと)などを身に着けた甲冑(かっちゅう)隊の演劇が上演され、時代をさかのぼったような雰囲気が味わえる。

 見どころとなるのは、小田原北條鉄砲衆保存会による火縄銃の演武で、駿河湾に向けて次々と轟音が響きわたり、合戦さながらの臨場感を体感できる。かつて、駿河湾を舞台に、国境を接していた武田氏と北条氏が戦闘を繰り広げた時代に思いを馳せてみるのも一興だろう。

 また、甲冑の着付け体験やほら貝吹きのワークショップ、長浜城に関するクイズ、解説を聞きながら海から長浜城跡を見学する湾内クルーズなども予定されている。戦国の歴史の1ページに触れるひとときとなるはずだ。

長浜城北条水軍まつり
 <開催日>2019年5月26日
 <開催場所>静岡県沼津市・長浜城跡(東海道本線沼津駅から無料シャトルバス)
   <問>沼津市観光戦略課 ☎055-934-4811
   URL:https://numazukanko.jp/event/40053

*情報は2019年3月現在のものです。料金・時間・休館日などの詳細は、お出かけの際、現地にお確かめください

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

◆「ひととき」2019年5月号より

 

 

 

 

 

 
 

 

 

 

関連記事

新着記事

»もっと見る