WEDGE REPORT

2019年5月15日

»著者プロフィール
閉じる

風樹茂 (かざき・しげる)

作家、国際コンサルタント

作家、国際コンサルタント(kazakishigeru@gmail.com)。1956年、北海道生まれ。東京外国語大学スペイン語学科卒業。メキシコ留学後、中南米の専門商社を経て、南米アマゾンの奥地でODAプロジェクトの鉄道建設にかかわる。その後は、シンクタンク、研究所勤務などで、首相向けの政策提言、ODA援助、海外投資、NGOプロジェクトに従事。イスラム開発銀行のコンサルタントも経験し、30数カ国を踏査。石油関連事業でカタール、ベネズエラに駐在。

決起の結果は?

 決起は失敗し、マドゥロ側の勝利に終わった。コカインマフィアの長でマドゥロ政権ナンバー2のディサードカベ―ジョは勝利に沸くチャべス派を前に「グアイドを逮捕しないのは、泳がせて謀反する者をあぶり出し、刑務所に送るためだ」と語っている。

 実際、グアイド側の副大統領エドガー・サンブラ―ノ(Edgar Zambrano)はSEBINに逮捕され、拷問の待つヘリコイデを経て軍事刑務所送りとなった。今後、反対派は次々と刑務所送りとなることだろう。 カベ―ジョは晴れやかな顔で嬉しそうにそう語っている。

 ベネズエラ人が囁いていたとおりの結末となってしまった。

 なお、私事になるが先月からロシアのエネルギー会社大手のガスプロム(Gazprom)とロスネフチ(Rosneft)がベネズエラの東北部マトウリン(Maturín)で行われるプロジェクトの要員を募集している。コロンビア人の知人がいっしょに応募してみようしつこく誘ってくる。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る