書籍詳細

死生天命─佐久間艇長の遺書―
足立倫行 著

目次
立ち読み

明治43年4月15日、岩国沖で訓練航行中の第六潜水艇が沈没し、艇長以下14名の乗組員が絶命した。その最中、佐久間艇長が第六潜水艇内で書いた「遺書」。そこには、最期まで持ち場を離れずに沈着に職務を全うする13名の乗組員たちへの気遣い、そして極限状態に最期まで真剣に対処した姿がしたためられていた。そして、その遺書は国内外に大きな反響を呼んだ。
佐久間艇長とはいかなる人物だったのだろうか――。佐久間艇長の姿を通して、日本人が生来持っている精神の強さや誇り、リーダーとしての在り方を改めて感じることができる。
また本書は、遺書の全文をはじめ第六潜水艇遭難顚末説明図、第六潜水艇殉難者一覧、追悼文など、資料としても価値ある一冊。

<書籍データ>
◇四六判上製、167頁 
◇定価:本体1,400円+税
◇2011年12月20日発売
◇ISBN: 978-4-86310-092-3

<著者プロフィール>

足立倫行(あだち・のりゆき)
1948年、鳥取県境港市生まれ。ノンフィクション作家。早稲田大学政治経済学部中退。『日本海のイカ 海からだけ見えるニンゲン社会の動悸』(情報センター出版社)、『北里大学病院24時 生命を支える人びと』(新潮社)、『森林ニッポン』(新潮選書)、『妖怪と歩く ドキュメント・水木しげる』(新潮文庫)、『激変!日本古代史』(朝日新書)など多数の著書がある。

 

 

 

 

死生天命─佐久間艇長の遺書―

※下記のサイトでこの本を購入することができます。

Wedge最新号のご案内
2017年12月号

2017年12月号(11月20日発売)

特集
国立大学の成れの果て

»詳細を見る

ひととき最新号のご案内
2017年12月号

2017年12月号

特集
棟梁たちの明治維新 神戸・姫路の木造建築

»詳細を見る

WEDGEInfinity へ
「ウェッジの書籍」の内容は、WEBマガジン「WEDGEInfinity」にて一部を読むことができます。