書籍詳細

こうして彼らは不登校から翔びたった―子どもを包む、3つの言葉
比嘉 昇 著

目次
立ち読み

震災以降、私たちはより「絆」を意識するようになったのではないでしょうか。人は一人では生きていきません。だからこそ、「人と人のつながり」がとても重要なのです。
全国に不登校の小中学生が約11万5,000人います。中学生でいえば、37人に1人が不登校なのです。日本はいつから「不登校が当たり前」で、子どもたちを待つ時間を許さない国になってしまったのでしょうか。
著者は、中学校の校長を定年退職後、不登校の子どもたちのために、フリースクール「夢街道・国際交流こども館」を設立し、10年を迎えました。「子ども館」では、子どもたちを「信じ、待ち、愛する」ことを大切にし、彼らが少しずつ自信を取り戻す手助けをしています。「子ども館」での心の交流を通して、人と人のつながりの大切さを感じられる一冊です。

<書籍データ>
◇四六判並製、214頁 
◇定価:本体1,400円+税
◇2011年12月20日発売
◇ISBN: 978-4-86310-091-6

<著者プロフィール>

比嘉 昇(ひが・のぼる) 
1940年生まれ。高校卒業後、製鉄会社などに勤務ののちに、28歳で大学に入り、32歳で教師となる。以後、奈良市内の小中学校の校長を歴任し、2001年に定年退職。02年に不登校の子どもたちのフリースクール、NP0法人「夢街道・国際交流子ども館」(京都府木津川市)を設立し、理事長に就任。館長の冶代夫人やスタッフと共に、不登校の子どもたちと喜怒哀楽を共にする日々を送っている。

 

 

 

 

こうして彼らは不登校から翔びたった―子どもを包む、3つの言葉

※下記のサイトでこの本を購入することができます。

Wedge最新号のご案内
2017年11月号

2017年11月号(10月20日発売)

特集
「大量離農時代」の切り札 スマート農業

»詳細を見る

ひととき最新号のご案内
2017年11月号

2017年11月号

特集
よみがえれ、湖国の恵み

»詳細を見る

WEDGEInfinity へ
「ウェッジの書籍」の内容は、WEBマガジン「WEDGEInfinity」にて一部を読むことができます。