矢島里佳の「暮らしを豊かにする道具」

2019年5月24日

»著者プロフィール
閉じる

矢島里佳 (やじま・りか)

株式会社和える 代表取締役

1988年東京都生まれ。職人と伝統の魅力に惹かれ、19歳の頃から全国を回り始め、大学時代に日本の伝統文化・産業の情報発信の仕事を始める。「日本の伝統を次世代につなぎたい」という想いから、大学4年時である2011年3月、株式会社和えるを創業、慶應義塾大学法学部政治学科卒業。2012年3月、幼少期から職人の手仕事に触れられる環境を創出すべく、 “0歳からの伝統ブランドaeru”を立ち上げ、日本全国の職人と共にオリジナル商品を生み出す。テレビ東京「ガイアの夜明け」にて特集される。日本の伝統や先人の智慧を、暮らしの中で活かしながら次世代につなぐために様々な事業を展開中。

職人さんって何がすごいのか?

 「職人さんって何がすごいのか?」を知りたいと思う前の私は、正直、ものづくり体験はあまり好きではなかった。大人になると自分が作ったあまり上手ではないものよりも、プロが作った上手なものの方が欲しいと思ってしまう自分がいたからだ。けれども、子どもの頃を思い出すと、毎日のように、絵を描いたり、ものを作ったりしていた。その当時は、上手なものをというよりも、ただ楽しいから、遊んでいただけだった。そう、気がつけば、大人になると何でも上手にやらなければという感覚に陥っていたのだ。それが手を動かすことを遠ざけていた。

 「職人さんって何がすごいのか?」

 私なりに感じるのは、自己追求型で突き抜けているところがすごいのかもしれない。誰かに評価されたいというよりも、社会からどう見られるかというよりも、昨日の自分を越えていくあくなき探究心にヒントがある気がする。

 結局のところ、体験しないとわからないので、何か自分の興味のあるものづくりを、ぜひ体験してみてほしい。自らの手を動かしてみると、何かが見えてくるはず。

写真提供:筆者

 私も、この自ら描いた処女作の龍を人生をかけて、越えていこうと思う。

連載:矢島里佳の「暮らしを豊かにする道具」

矢島里佳(株式会社和える 代表取締役)
1988年東京都生まれ。職人と伝統の魅力に惹かれ、19歳の頃から全国を回り始め、大学時代に日本の伝統文化・産業の情報発信の仕事を始める。「日本の伝統を次世代につなぎたい」という想いから、大学4年時である2011年3月、株式会社和えるを創業、慶應義塾大学法学部政治学科卒業。2012年3月、幼少期から職人の手仕事に触れられる環境を創出すべく、“0歳からの伝統ブランドaeru”を立ち上げ、日本全国の職人と共にオリジナル商品を生み出す。テレビ東京「ガイアの夜明け」にて特集される。日本の伝統や先人の智慧を、暮らしの中で活かしながら次世代につなぐために様々な事業を展開中。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る