From NY

2019年5月24日

»著者プロフィール
閉じる

田村明子 (たむら・あきこ)

ジャーナリスト

盛岡市生まれ。1977年米国に単身留学し、1980年から現在までニューヨーク在住。著書に『ニューヨーカーに学ぶ軽く見られない英語』(朝日新書)、『知的な英語、好かれる英語』(生活人新書)、『女を上げる英会話』(青春出版社)、『聞き上手の英会話』(KADOKAWA/中経出版)など。翻訳書も多数。フィギュアスケートライターとしても知られており、『銀盤の軌跡』(新潮社)などの著書もある。

2人用座席のすべて通路側だけ座っている状況に遭遇(提供:筆者)

「問題がない」という意見も

 「別に問題があるとは思わないけど。窓側に座りたい人がいれば、中に入れてあげればよいだけの話」

 最初に反応した友人のアレックスは、そう書き込んできた。両親は台湾出身、本人はアメリカ生まれのアメリカ育ちである。

 確かに「すみません」と一言言って、内側に入れてもらえば良いだけといえばそうだ。でも見知らぬ人に声をかけるのをためらう人もいるだろう。わざわざ頼むくらいなら、立っていようという人だっていると思う。

 「アメリカ人なら、すみません、と声をかけることをためらわないよ。ぼくもよく声をかけるけど、(席を立って内側に入れることを)拒否した人はこれまで1人もいなかったけど」とアレックス。

 彼はそう断言するが、アメリカ人にだって無口でシャイな人はいる。実際、窓側に空席があっても立っている人は少なくない。

 立っている乗客もいるのに平気で通路側に座っている人々は「あわよくば2人席を1人で占領してゆったり座りたい」という根性が透けてみえるような気がするのは、筆者の性格が悪いからであろうか。

各国の人々の意見は……

 この後も、続々と育った文化的背景の違う友人たちが書き込みをしてきた。これほどまでに盛り上がるとは、まったく予想外である。

 「逆側から見ると、奥に座ったら降りるときに通路側の人に立ってもらうことになるよね。まあ相手がお年寄りや荷物を山ほど抱えた人でない限り、特に問題ではないけど。個人的には短距離なら通路側に座って、長く乗っているなら窓側につめて座るかな」

 ヨーロッパで生まれて幼少時にアメリカに来た友人のジョー。

 もっとも同じ国に生まれ育ち、現在もまだそこに在住のレンカはこう書き込んできた。

 「ここでもよくあるわ。2席とも独占しようと企んでいる人たちだけど、私はいつも声をかけて奥につめてもらって彼らの企みを台無しにしてやるの。そのときの彼らの顔と言ったら(笑)」

関連記事

新着記事

»もっと見る