2012年1月号
2012年1月号

特集:松山猛さんと歩く青春の街 京都カルチェラタン案内

カルチェラタンのカルチェは「地区」、ラタンは「ラテン語」の意味。 教養の象徴たるラテン語が行き交う、 パリ・セーヌ川左岸の学生街を指します。 その名が一躍世界に知られたのは一九六八年のこと。 パリ五月革命の舞台として、自主自由を貫く解放区として、 そこは世界中の若者に支持されました。
その頃、日本一大学が集中する街、京都においても 熱き若者たちが様々な解放区を、そこかしこに……。
京都に生まれ、二〇代前半までを過ごした 作詞家、編集者にして作家の松山猛さんに、青春の日々を追体験できる 京都をご案内いただきました。
世界に誇る日本一の観光地、KYOTOは 六〇~七〇年代がいまだ息づく、青春の街でもありました。
写真・打田浩一

京都の路地 まわり道
千 宗室・文  井上隆雄・写真
冬の大台所

今月の旅指南
滋賀県大津市・近江神宮のかるた祭ほか

■特集 
松山猛さんと歩く青春の街
京都カルチェラタン案内

松山 猛・旅人 瀧 昌史・文/構成 打田浩一・写真
●青春の京都対談 鷲田清一×松山 猛
「少々のことでは動じず、自由を重んじ、学生さんには優しいところがありましたな」
●京都、青春の粋場歩き
~寺町二条、四条木屋町、祇園、錦……
●京都「観光入学」のススメ

■第二特集 
平成二四年版・京都初詣指南
安藤寿和子・文 中田 昭・写真

旅ことばの旅
中西 進・文  井上博道・写真
とうげ

フレ! フレ! ミュージアム
赤瀬川原平・文  荒井孝治・写真
武蔵野音楽大学楽器博物館 成長してきたピアノの大群

伊勢、永遠の聖地
千種清美・文/写真
荒木田守武─ “俳祖”と呼ばれた神宮長官

この熱き人々
吉永みち子・文  岡本隆史・写真
坂東玉三郎 (歌舞伎俳優) 「心のままに舞う」

ちょっと寄り道うまいもの
森枝卓士・文/写真
ワインを誘う海苔と幻の牡蠣を広島で

いにしえの道を歩く
植松二郎・文  打田浩一・写真
萩往還─志士たちの駆け抜けた道

芭蕉の風景
小澤 實
新大橋 東京都中央区・江東区

ひとときエッセイ「そして旅へ」
松田忠徳
湯はななくりの湯

古代史紀行 アキツシマの夢
結喜しはや
閻魔に愛された平安人─小野篁の実像

旅の小箱 from JR西日本、JR東海
●非公開文化財が見られる機会 干支のご利益・京の龍をめぐる
●冬の北陸をもっと楽しむ お得な周遊バスとクーポン
●奈良ホテルで楽しむ伝統の味「“ビーフシチュー”堪能プラン」
●美術館「えき」KYOTOで、「北斎の富士」展を開催
●白銀の北アルプス、温泉、ご当地食─冬こそ楽しい飛驒路の旅
●東海道新幹線車内のホットコーヒーが新しくなりました!
●江戸の庶民も楽しんだお伊勢参り 外宮から内宮、おはらい町へ

ひととき倶楽部
読者からのお便り、次号のお知らせ、
今月のプレゼント、ひととき旅川柳 など