書籍詳細

日本の中の地球史
川勝 平太

目次
立ち読み

第一部は著者および東大寺長老・森本公誠らの論説。全く新しい視点で日本の歴史を再編成し(川勝)、仏教の世界観の原型を解明する(森本)。第二部は建築家の石井和紘、行動生態学の長谷川眞理子、惑星物理学の松井孝典、そして森本らとの白熱の学際談義2本。日本が取り込んだ人類の共有、遺産の活用を探求し(川勝、長谷川、松井、森本)、宇宙の歴史を見据えて地球環境と人間との調和を模索する(石井、川勝、松井)。

 

>>Amazonで購入する

>>紀伊國屋書店ウェブストアで購入する

>>セブンネットで購入する

>>楽天ブックスで購入する

>>hontoで購入する

 

電子書籍でもご購入いただけます!
>「Amazon」で購入する

>「楽天kobo」で購入する

>「kinoppy(紀伊國屋書店)」で購入する

>「BookLive!」で購入する

 

 

 

<書籍データ>
◇四六判並製 384ージ
◇定価:本体3,500円+税
◇発売日:2019年7月20日
◇ISBN:978-4-86310-215-6 C0020

 

<プロフィール>

川勝平太(かわかつ へいた)

1948年生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業、オックスフォード大学哲学博士。比較経済史の立場から「物産複合」をキーワードとして明治日本の木綿についての実相を明らかにし、日本産業革命と鎖国の連関の座標を明確にした。その後、マルクスの「唯物史観」、梅棹忠夫の「文明の生態史観」、ウォーラーステインの「近代世界システム」に挑戦する「文明の海洋史観」を樹立。その後の研究の新地平を開陳したのが、本書である。著書に『日本文明と近代西洋――「鎖国」再考』(NHKブックス、1991年)、『文化力――日本の底力』(ウェッジ、2006年)ほか多数。

日本の中の地球史

※下記のサイトでこの本を購入することができます。

Wedge最新号のご案内
「看取り」クライシス 多死社会が待ち受ける現実

2019年9月号(8月20日発売)

特集
「看取り」クライシス 多死社会が待ち受ける現実

»詳細を見る

ひととき最新号のご案内
伝統を超えてゆけ! 北陸 あしたの工芸

2019年9月号(8月20日発売)

特集
伝統を超えてゆけ! 北陸 あしたの工芸

»詳細を見る

WEDGEInfinity へ
「ウェッジの書籍」の内容は、WEBマガジン「WEDGEInfinity」にて一部を読むことができます。