BBC News

2019年6月6日

»著者プロフィール

北朝鮮・平壌で3日から始まった、同国で最も重要なプロパガンダ行事であるマスゲームが、10日から一時中断されることがわかった。開幕公演を鑑賞した金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が公演内容やメンバーの働きぶりに不満を示したことが原因だと、北朝鮮専門の旅行会社が5日に明らかにした。

北朝鮮旅行を手がける中国・陝西省のヤング・パイオニア・ツアーズは、マスゲームが「10日から、別途通知があるまで中止される」とツイートした。

北京を拠点とする別の旅行会社、高麗ツアーズも5日、ツイッターに「公演の調整のため、6月10日から数日間あるいは数週間中止になる」と投稿した。

これまでのところ、北朝鮮から正式な発表はない。

北朝鮮国営の朝鮮中央通信(KCNA)は4日、正恩氏が3日のマスゲーム終演後にメンバーを呼びつけ、「誤った創作・創造気風、無責任な働きぶりについて深刻に批判した」と報じていた。

「正恩氏が公演に不満」

「北朝鮮旅行における代表的な旅行会社でありエキスパート」をうたうヤング・パイオニア・ツアーズは、マスゲームの一時中断は正恩氏の開幕公演への不満によるものだとしている。

「金正恩氏が開幕公演に対して不満を示したため、マスゲームは6月10日から一時中断されるだろう」

https://twitter.com/YPioneerTours/status/1136101753680613377


一方、北朝鮮を含む「かなり独特な場所への旅行を専門」とする高麗ツアーズによると、「調整」が終わり次第、マスゲームは再開されるという。

https://twitter.com/KoryoTours/status/1136119625891143680


「これまでにないやり方」を

マスゲームは何万人も動員して行なわれる大規模なプロパガンダショーで、国を祝い、国民の士気を高めることを目的としている。

北朝鮮専門サイト「NK Pro」のアナリスト、イ・ミニョン氏は、「金正恩氏は党や、作業効率の悪さなどを公に批判してきている」ため、同氏の批判自体はめずらしいことではないと話す。

批判の対象は、マスゲームのような国民向けのショーから、完成度の低い植樹など、日常にありふれたものに至るまで、多岐にわたるという。

過去数ヶ月間の状況が、今回の批判を解釈する手がかりとなる。

正恩氏は今年3月、宣伝・扇動活動には「これまでにないやり方」が必要だと述べた。それ以降、同国国営メディアは「ブルジョア生活様式」や「非社会主義現象」を牽制(けんせい)する報道を続けていると、イ氏は話す。

アメリカとの協議が行き詰まって以降、北朝鮮は経済とイデオロギーにおいて、今まで以上に孤立する事態に備えているとみられる。

宣伝扇動活動重視の背景

突然の宣伝・扇動活動を重視する動きは、唐突なことのようにみえるが、アメリカとの非核化交渉が失敗に終わったことを考慮すれば、当然のことだ。

韓国とアメリカとの交渉が始まった頃は、プロパガンダにおける両国への批判の度合いは軽減されていた。

イ氏は、「北朝鮮は外交上の緊張緩和において、予期せぬ結果に至ったことを不安に感じているのかもしれない」と述べた。

現在の外交における行き詰まりは、アメリカとの交渉が今後続くかどうか不透明であることを意味している。

北朝鮮がこれまで求めてきた制裁緩和には、今のところ、手が届かないようだ。長期的な経済難に陥る恐れがある中、北朝鮮は今後に備えなければならないだろう。

つまり、「外的影響に対する国民の意識を強固にし、国内の団結を促進する」ことになると、イ氏は述べた。

(英語記事 N Korea's Mass Games 'paused' after Kim criticism

提供元:https://www.bbc.com/japanese/48537653

関連記事

新着記事

»もっと見る