BBC News

2019年6月13日

»著者プロフィール

香港の犯罪容疑者を中国本土に引き渡す「逃亡犯条例」改正に反対する抗議デモは、警官隊がゴム弾を発射するなどして鎮圧に乗り出し、13日までに72人が負傷した。林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官は「組織的な暴動」とデモを非難した。

立法会(議会)周辺に若者ら数千人が集まったデモは12日、参加者たちが付近の主要道路をバリケードで封鎖し、れんがなどを警官隊に投げつけた。庁舎内に押し入ろうとした一部の抗議参加者を、警官隊がゴム弾や催涙ガスを発射して押し戻す場面もあった。

夜になっても多くのデモ参加者たちが中心部に残り、警官隊が解散を促した。

デモ参加者で負傷したのは15~66歳の人たちで、うち男性2人は重体だという。当局によると、これまでに警察官21人もけがをしたという。

アムネスティなど国際人権団体は、警官隊が過度の実力行使をしていると批判。一方、警察側は「選択の余地がなかった」と主張している。

<関連記事>

涙を流して反論

ラム行政長官はこの日、地元テレビのインタビューに応じた。自分が香港を「売り渡した」と批判されていることに対して、涙ながらにこう述べた。

「香港の人たちみんなと一緒にここで育った。この土地への愛があるから、個人的に大きな犠牲を払ってきた」

一部では、中国本土の治安部隊が香港に送り込まれるとのうわさが出ている。中国外務省の報道官は、このうわさについて「フェイク(にせの)ニュースだ」と否定した。

外国からデモ参加者支持の声

台湾の蔡英文総統は12日、「香港の警察が抗議者たちにゴム弾を発射している映像を見て本当に悲しい。香港の人たちへ、自由の要求が聞き入れられないように感じているかもしれないが、台湾や世界中の志を同じくする友人たちが支持していることを覚えていてください」とツイートした。

https://twitter.com/iingwen/status/1138811906238570501

イギリスのジェレミー・ハント外相は、香港政府に対し、「市民や国際社会の友人たちの懸念に耳を傾け、立ち止まってこの議論を呼んでいる改正について熟慮する」ことを求めた。

アメリカのドナルド・トランプ大統領は、中国と香港は「解決策を見出す」ことができると述べたと、ロイター通信が伝えた。

欧州連合(EU)のフェデリカ・モゲリーニ外務・安全保障政策上級代表は、欧州各国は香港市民たちの懸念を共有していると表明。平和的な集会と意見表明の自由は尊重されるべきだとした。


<解説>中国は情報規制 支援の声――ヴィンセント・ニィ、BBCニュース中国記者

中国本土のメディアは、香港の出来事をごく限定的にしか報じていない。インターネットで検索すると、何も表示されないか、中国政府の見解に沿ったものが表れる。

中国の新聞・環球時報の編集長は、「今回のような暴力的なデモは、先進社会の香港であってはならない」、「香港の抗議運動を後押ししている西側の人々が、本当に香港のためを思っているとは考えられない。彼らは政情不安を望んでいる」とツイートした。ただし、ツイッターは中国ではブロックされていて読むことができない。

とはいえ、香港で何が起きているのか、中国国民がまったく知らずにいるわけではない。週末に香港に行ってデモに参加した本土の人たちもいる。中国のソーシャルメディア大手ウィーチャットでは、デモ参加者たちとの連帯を表明する書き込みも見られる。

「これは香港の人たち闘いだが、自由と尊厳に対する愛は普遍的なものだ」と、あるユーザーは書き込んだ。「彼らの闘いと努力に敬意を表する。流血の弾圧にならないよう願うばかりだ」

(英語記事 Hong Kong leader criticises 'organised riots'

提供元:https://www.bbc.com/japanese/48618754

関連記事

新着記事

»もっと見る