BBC News

2019年6月20日

»著者プロフィール

韓国は19日、干ばつの影響で食糧不足が深刻化している北朝鮮に、コメ5万トンを支援すると発表した。韓国から北朝鮮への食糧支援は2010年以来。

北朝鮮では、過去37年で最悪の干ばつに加え、長引く経済制裁の影響もあり、慢性的な食糧不足が起きている。先月公表された国連の報告書は、同国の昨年の穀物生産量は過去10年間で最低水準だとし、「緊急の食糧支援が必要」な国民は最多1000万人に上ると指摘している。

<関連記事>

韓国の金錬鉄(キム・ヨンチョル)統一相は、「北朝鮮国民の窮状を韓国政府として見過ごすことはできない」と述べ、「できる限り早期に」コメを送るとした。

食糧支援は、世界食糧計画(WFP)を通して行われる。前回の食糧支援では、韓国はコメ5000トンを送った。

韓国と北朝鮮の関係は改善されつつあり、韓国は先にも、北朝鮮の女性と子どもに対する栄養および医療支援を目的に、800万ドル(約8億6000万円)を国連に寄付している。

経済制裁も食糧難の一因

北朝鮮の食糧生産は長年、悪い状態が続いている。1990年代の凶作では、何十万人もが栄養不足により死亡したとされる。

北朝鮮に対しては、核開発をめぐって国際社会が経済制裁を課している。それが経済を悪化させ、食糧難につながっていると指摘されている。


南北朝鮮の関係は?

韓国と北朝鮮の関係は近年、改善へと向かっている。2018年には、北朝鮮が非核化に向けた取り組みを開始し、長距離ミサイルの試験発射を停止すると表明。両国の協調と対話が期待された。

しかし、今年2月にヴェトナムで開かれたアメリカのドナルド・トランプ大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の首脳会談が物別れに終わると、韓国と北朝鮮の関係改善も後退。その後、北朝鮮は短距離ミサイルの試験発射をし、韓国やアメリカとの関係を不安定にしている。

国際社会では北朝鮮に対する制裁として食糧支援もストップすべきとの声もある中で、韓国は人道支援は政治問題化するべきではないとの立場を取っている。

国連の経済制裁は、北朝鮮への人道支援は禁じていない。ただし、支援は例外措置となるため、国連安全保障理事会の制裁委員会で承認を得る必要がある。

韓国は関係改善を期待

韓国の通信社・聯合ニュースは、韓国政府は食糧支援によって、北朝鮮との融和ムードが高まることを期待していると伝えた。

北朝鮮の非核化交渉は今年2月以降、開かれていない。北朝鮮には20日から中国の習近平国家主席が訪問中で、金正恩氏と非核化交渉についても協議するものとみられる。

一方、トランプ氏は近く韓国を訪問し、文在寅(ムン・ジェイン)大統領と会談する予定だ。韓国の李度勲(イ・ドフン)朝鮮半島平和交渉本部長は19日、北朝鮮に対し、トランプ氏の訪韓前に韓国が提案している対話に応じるよう求めた。

(英語記事 South Korea to send rare food aid to North Korea

提供元:https://www.bbc.com/japanese/48700666

関連記事

新着記事

»もっと見る