自家製麻薬「クロコダイル」が
ロシアを蝕む

原料費数百円に貧困層が飛びつく


WEDGE REPORT

ビジネスの現場で日々発生しているファクトを、時間軸の長い視点で深く掘り下げて、日本の本質に迫る「WEDGE REPORT」。「現象の羅列」や「安易なランキング」ではなく、個別現象の根底にある流れとは何か、問題の根本はどこにあるのかを読み解きます。

»最新記事一覧へ

ロシアの若者のあいだで「クロコダイル」と呼ばれる合成麻薬が爆発に流行している。連邦麻薬流通取締局が昨年11月に発表した推計で、常習者は10代や20代の若者を中心にロシア国内で25万人。実際にはその数倍に上るとの報道もある。

ヘロインを上回る勢いで拡大

クロコダイル常習者の足。壊疽を起こしている。(ロシア連邦麻薬流通取締局作成ビデオより)

 ロシアといえば、もともと世界最大の麻薬消費国のひとつ。政府の推計では常習者は250万人に上る。これまでロシアで最も多く使用されてきたのは、アフガニスタンから流入するヘロインだが、クロコダイルはそれを上回る勢いで拡大している。ロシア紙「ノーヴィエ・イズヴェスチヤ」の昨年11月8日付インターネット版記事では、過去2年間に国内各地で新たに麻薬中毒患者となった者の90%がクロコダイルの常習者だとするロシア人口学研究所の統計を明らかにしている。

 この麻薬の正式な名称は「デソモルヒネ」という。医療用にアメリカで開発されたものだが、いつ頃からロシアで使われるようになったのか。国内の報道を見ると、諸説あってはっきりしない。ただ、共通するのは、2000年代に入ってから使用されるようになったことと、モスクワやサンクトペテルブルグといったロシア中心部の大都市でなく、シベリアやウラルなどの地方で始まったということだ。初めのうちは、地方の若者たちのあいだで密かに使われていただけだったようだが、ここ数年で一挙に全土に広がった。

 報道によると、使用すれば、ヘロインに似た快感、多幸感が感じられ、強い依存性を持つという。1回使用しただけで依存症の症状が出て止められなくなってしまうことも珍しくないそうだが、ここまで急激に使用が広がっている原因はそれだけではない。

簡単に入手できてしまう原料

緑に変色した皮膚。この患者は足の切断を余儀なくされたという。
以下の麻薬患者支援団体のサイトにも患者の写真が。なお、こちらは非常に残酷な画像を含みます。十分にご注意の上、閲覧ください。
http://наркотики-инфо.рф/index.php?option=com_content&view=article&id=4&Itemid

 クロコダイルの特徴は、原料をいとも簡単に入手できる上に、化学の専門知識がなくとも密造できることにある。原料となるのは、まずコデインという化合物を含む医薬品。ロシアでは、咳止めの薬としてごく一般的で、医師の処方箋なしに薬局で買うことができる。これに、ガソリンやヨードなどを混ぜ合わせる。いずれも購入にあたって特に規制もないものばかりだ。

 インターネット上には、密造方法を詳しく説明した「レシピ」なるものを掲載したサイトがいくつもある。若者たちはそれをもとに原料を買い集めてきて、自家製クロコダイルを密造するのだ。特別な道具は必要ない。一般の家庭にもあるような鍋やスプーンを使って混ぜ合わせることもあるという。

 密造に必要な咳止め薬を販売している薬局は、ロシア国内に6万5千店もある。昨年5月25日付の「イズヴェスチヤ」紙の記事によると、1回分のクロコダイルに必要なだけの咳止め薬は、100ルーブル(日本円で240円ほど)で買えてしまうのだという。その他の原料を合わせても、数百円で密造できてしまう。連邦麻薬流通取締局によると、昨年の第1四半期だけで密造されたクロコダイルは、6500万回分にも上ると見られる。

 連邦麻薬流通取締局は、密造したクロコダイルの危険性について、「使用することは自殺するに等しい」と警告する。さらに、昨年4月22日付のロシアのノーボスチ通信の記事によると、ヘロインの中毒患者が死に至るには平均で5年ほどなのに対し、この麻薬の中毒患者になってしまうと、1年とかからないうちに死んでしまうケースも多いという。なぜこれほどまでに危険性が高まるのだろうか。

1
nextpage
このエントリーをはてなブックマークに追加
 
「WEDGE REPORT」

WEDGE Infinity S
ウェッジからのご案内

Wedge、ひととき、書籍のご案内はこちらからどうぞ。

  • WEDGE
  • ひととき
  • ウェッジの書籍