BBC News

2019年7月3日

»著者プロフィール

サッカー女子ワールドカップ(W杯)フランス大会は2日、イングランド対アメリカの準決勝があった。初の決勝進出を狙うイングランドは、優勝候補筆頭のアメリカに食らいついたが、後半にめぐってきた絶好の同点チャンスを阻まれ、宿願はかなわなかった。

後半39分だった。1対2とアメリカにリードを許していたイングランドに、ペナルティキックの好機が訪れた。

イングランドのDFステフ・ホートンがゴール左を狙ってボールを蹴った。アメリカのGKアリッサ・ネアーはコースを予測し、すでに同じ方向へと動き出していた。ボールはネアーの腹部でがっちりとキャッチされた。

この後、必死に同点に追いつこうとするイングランドは激しいプレーを見せた。DFミリー・ブライトがこの試合2枚目となるイエローカードを受け退場。1人少ない状態でも気迫あるプレーを続けたイングランドだったが、主要大会で3回連続して、準決勝の壁を越えることができなかった。

幻のゴール

アメリカがリードし、イングランドが追いかける展開だった。

前半10分、アメリカのDFケリー・オハラが右サイドから長いクロスボールを中央部に送り込み、FWクリステン・プレスがヘディングでしっかり合わせて先制。

だがイングランドも同19分、FWベス・ミードの左サイドからのセンタリングに、FWエレン・ホワイトが右足を伸ばして合わせ、ゴール右上隅にボールを流し込んで同点とした。

しかし、細かく動き回ったアメリカは同31分、MFリンジー・ホランがゴール前に上げた絶妙のクロスを、FWアレックス・モーガンが頭で合わせた。これが2点目のゴールとなり、再びリードした。

後半になると気合を入れ直したイングランドが調子を上げた。後半22分、スルーパスを受けたイングランドのホワイトがアメリカのゴールにボールを流し込み、同点――と思えたが、ビデオ審判(VAR)で協議した結果、わずかにオフサイドと判定。幻のゴールとなった。

同34分、アメリカのペナルティエリア内でイングランドのホワイトがシュートを狙うが、相手選手に体を当てられ不発に。ただこれが、VARの協議でファールと判定され、イングランドにペナルティキックが与えられた。

しかし、ホートンはこれを決めることができなかった。1966年から持ち越しとなっているイングランドの国際大会での決勝進出は、あらためて先送りに。2015年W杯カナダ大会、2017年欧州女子選手権に続き、主要大会3回連続の準決勝敗退となった。

米は4回目の優勝狙う

この結果、アメリカはW杯3大会連続で決勝に進出。4回目の優勝をかけ、スウェーデンとオランダの勝者と7日に対戦する。

スウェーデン対オランダ戦は3日にある。敗者は6日の3位決定戦で、イングランドと戦う。


「PKには自信あったが」

イングランド、フィル・ネヴィル監督の話

我々がこの試合結果を実感し、落胆を乗り越えるには1~2日はかかるだろう。どんな言葉をかけても、選手たちの慰めにはならない。

ハイレベルな競技で世界のトップにいるのだから、土曜日にニースで(開かれる3位決定戦で)いい試合をしなければならない。その内容で選手たちのことがもっと分かるはずだ。

私はすでに前を見ているし、土曜日の試合を楽しみにしている。選手たちは真面目に、本気で試合に臨むはずだ。絶対に期待に応えてくれる。期待が裏切られたことなど、一度もないので。

イングランド、ステフ・ホートン主将の話

言葉にするのは難しい。世界最高レベルのチームと戦った。とても誇らしいけれども、反則とゴールを許したことには落胆している。

ゆくゆくはアメリカを倒せると分かっている。今回も勝つつもりだったが、果たせなかった。今日(ペナルティーキックが与えられたら蹴れと)指示されたが、これまでたくさん練習してきたので自信があった。

ただ、うまく決められなかった。とても落ち込んでいる。チームの期待に応えられなかった。個人的に落ち込んでがっくりしている。もうちょっとだったのに。でも、全力を尽くしたみんなが自慢だ。

アメリカ、ジル・エリス監督の話

どれだけ誇らしい思いか、とても言葉にならない。全員がとても努力した。全員がレベルアップし、それがこのチームを物語っている。

彼女(アリッサ・ネアー)にとって、輝かしい瞬間だった。我々はもう1試合ある。これ以上ないくらい、このチームを誇りに思う。次の試合まで4日あるのは助かる。

私は彼女たちに(試合後の円陣で)「謙虚でいよう。もう1試合だ」と伝えた。

(英語記事 England beaten by USA in semi-final

提供元:https://www.bbc.com/japanese/48850252

関連記事

新着記事

»もっと見る