旬・美・遊

2019年7月24日

»著者プロフィール
 熊野大花火大会
 <開催日>   2019年8月17日
 <開催場所>  三重県熊野市・七里御浜海岸(紀勢本線熊野市駅下車)

 <問い合わせ> 熊野市観光協会 ☎0597-89-0100
   URL:https://www.kumano-kankou.info/kumano-fireworks/
2018年熊野大花火大会写真コンテスト大賞「鬼ヶ城に炸裂す!!」(熊野市観光協会=写真提供)

 三重県熊野市の七里御浜(しちりみはま)海岸で、毎年8月17日に開かれる花火大会。お盆の初精霊供養に簡単な花火を打ち上げ、その火の粉で灯籠焼きを行ったのが始まりと言われ、300年余りの歴史をもつ。

 船から花火を海に投げ入れて炸裂させる「海上自爆」や、沖合に浮かべた筏(いかだ)に三尺玉を設置してそのまま爆発させる「三尺玉海上自爆」など、海上で半円形に広がる花火の美しさは息をのむほどだ。

 圧巻の「鬼ヶ城(おにがじょう)大仕掛け」は、国の名勝・天然記念物で、「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部としてユネスコの世界文化遺産に登録されている鬼ヶ城を舞台にした仕掛け花火。岩場に置いた花火玉が爆発すると、扇状に花火が開き、爆音や爆風に岩場の反射音や洞窟の響鳴音が加わって大迫力となる。

 まばゆい光と轟音のなかに浮かび上がる、世界遺産の勇姿を拝めるのも熊野ならではの楽しみだ。

*情報は2019年6月現在のものです。料金・時間・休館日などの詳細は、お出かけの際、現地にお確かめください

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

◆「ひととき」2019年8月号より

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 

関連記事

新着記事

»もっと見る