BBC News

2019年7月19日

»著者プロフィール

インド北東部アッサム州の民家に18日朝、メスのトラが1頭、入り込んで来た。大雨による洪水から逃れて来たとみられるトラは、寝室に向かうとベッドの上で腹ばいに。夕方までぐっすり寝て、家を出て行った。

アッサム州とビハール州ではモンスーンの豪雨によって広範囲に洪水が発生。死者は100人を超え、何百万人もが住む家を失っている。

洪水は、世界遺産に登録されているカジランガ国立公園(アッサム州)も直撃。シカ54頭、サイ7頭、イノシシ6頭、ゾウ1頭を含む、計92頭の動物が命を落としている。

この公園には、トラ110頭が生息しているが、死亡は確認されていない。この日、ベッドで休息を取っていったトラは、そのうちの1頭とみられている。

住人は急いで…

野生動物保護団体・インド野生生物トラスト(WTI)によると、今回のトラは18日朝、同公園から約200メートル離れた高速道路わきを歩いている姿が目撃されていた。

この高速道路は車の往来が激しいことから、トラは落ち着ける場所を求めて、近くにあった商店とひと続きの民家に足を踏み入れたようだという。時刻は午前7時半ごろだったとされる。

驚いたのは住人だ。この家に住む商店主のモティラルさんは、トラがのしのしと歩いて来たのを見て、素早く家族に声をかけ、そろって家から逃げ出した。

「素晴らしかったのは、誰もトラの邪魔をせず、ゆっくり休ませてあげたこと。この地域特有の、野生生物に対する大いなる敬意だ」と、WTIのスタッフは話す。

「トラはすごく疲れていて、1日ぐっすり寝た」、「(モティラルさんは)トラが寝たベッドのシーツと枕は保存すると言っていた」

起床&誘導作戦

トラの移動を要請されたWTIは、高速道路を一時閉鎖。爆竹を使ってトラを起こした(下のツイッターの写真はハイウェイを閉鎖して、トラの進路を確保している様子などを紹介している)。

https://twitter.com/wti_org_india/status/1151824902153859073


トラは午後5時半ごろ、家を後にした。高速道路を横断して、森林に向かって歩いていったという。

WTIスタッフは、トラが実際に森林に入っていったか、「隣接する地域に入り込んだ」かは不明だと話している。

(英語記事 Floods force tired tiger into resident's bed

提供元:https://www.bbc.com/japanese/49041701

関連記事

新着記事

»もっと見る