BBC News

2019年9月5日

»著者プロフィール

米名門大学の男子学生が性的暴行罪で有罪とされたものの量刑が禁錮6カ月にとどまり、米社会に大きな反発を生んだ事件で、匿名で被害証言をした女性が米メディアで実名と素顔を明かした。

女性はカリフォルニア州出身で、ライター兼アーティストのシャネル・ミラーさん(27)。今月24日に回顧録「Know My Name」(私の名前を知って)の出版を予定している。

出版社はミラーさんの回顧録は、「性暴力に対する私たちの考えを永遠に変えるだろう」としている。

求刑6年に対し3年の判決

ミラーさんは2015年、同州のスタンフォード大学の構内にある宿舎で開かれたパーティーに参加。当時在学中で20歳だったブロック・ターナー元受刑者に襲われた。元受刑者は、大学の水泳部のスター選手だった。

元受刑者の裁判では、意識がなかったミラーさんが宿舎の外の地面で性的暴行を受け、服を一部着用した状態でごみ置き場に放置されていたことが明らかになった。

<関連記事>

元受刑者は2016年、陪審員により、酒に酔った者への性的暴行、意識のない者への性的暴行、強制性交未遂の3件の罪で有罪とされた。

検察は禁錮6年を求刑したが、裁判所は禁錮6カ月の刑と3年間の保護観察を言い渡した。


「あなたは私を知らないのに」

この量刑をめぐっては、ターナー元受刑者が裕福な家庭に育った白人男性であることが司法判断をゆがめたとの議論が全米で沸き起こった。

量刑言い渡しの公判では、「あなたは私を知らない。でも私の中に入った。だから私たちは今日、ここにこうしている」という言葉で始まる、当時は匿名被害者だったミラーさんの声明が読み上げられた。

声明の全文はその後、バズフィードで公開され、4日間で1100万のアクセスがあった。米下院でも朗読され、外国語に翻訳され多くの国でも読まれた。

そこには、以下のような文章が含まれていた。

「気がついたら、廊下で担架に寝かされていた。手の甲やひじに、乾いた血がついて包帯が巻かれていた。もしかして自分は転んで、キャンパスの学生課にでもいるのかと思った。自分は落ち着いていて、姉妹はどこだろうと思っていた」

「私は襲われたのだと、担当者が説明してくれた。私はそれでも落ち着いていて、人違いだろうと思っていた」

「あなたのせいで、私は被害者になった。新聞での私の名前は、『意識不明で酩酊状態の女性』だ。たったそれだけ。しばらくの間、自分はそれだけの存在、それ以外の何者でもないんだと思い込んでいた。自分の本当の名前、自分が本当に誰なのか、あらためて自分にたたきこまなくてはならなかった」

元受刑者は控訴したが

ミラーさんの声明は、カリフォルニア州で性暴力に関する州法を改めるきっかけとなった。さらに、ターナー元受刑者の裁判で量刑を決めた、アーロン・パースキー判事の弾劾を求める運動へとつながった。

2018年6月、カリフォルニア州サンタクララ郡の住民投票で、6割近くがパースキー判事の弾劾に賛成。判事は罷免された。

当時副大統領で、現在次期大統領選の民主党候補者争いをしているジョー・バイデン氏は、「勇敢な若い女性への公開書簡」と題した手紙を公表。「私はあなたの名前を知りません。けれどもあなたの言葉は、永遠に魂に刻まれました。あなたの言葉は、あらゆる年齢のすべての人が必ず読むべきものです」などと述べ、ミラーさんを称賛した。

一方、ターナー元受刑者は郡刑務所で3カ月服役した後、釈放された。昨年、有罪判決を不服として控訴したが敗訴した。その氏名は、性犯罪者リストに登録されたままになっている。

(英語記事  Stanford sexual assault survivor reveals identity

提供元:https://www.bbc.com/japanese/49589710

関連記事

新着記事

»もっと見る