BBC News

2019年9月6日

»著者プロフィール

ボリス・ジョンソン英首相は5日、イギリスの欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)を現在の期限である10月31日から延期するくらいなら「溝でのたれ死んだ方がましだ」と述べ、離脱を強行する姿勢をあらためて示した。

一方、離脱の再延期が決まった場合に辞任するかという質問には答えなかった。

ジョンソン政権は、EUとの合意なくEUから離脱する「合意なしブレグジット」に向けた準備ができていると主張しているが、最大野党・労働党は、合意なしブレグジットの阻止を最優先するとしている。

ブレグジット政局をめぐっては、ジョンソン氏が英議会を5週間閉会すると発表。これがEU離脱審議を阻害し合意なし離脱を強行するものだとして野党や一部の保守党議員が反発し、4日に合意なし離脱を阻止する法案を下院で可決させた。合意なし阻止法案は6日夜にも上院を通過する見通し。

法案可決を受け、ジョンソン首相は解散総選挙を求めて動議を出したが、こちらは否決されている。

こうした中、ジョンソン首相の弟のジョー・ジョンソン下院議員は5日、閣外担当相と議員を辞任すると発表した

ロンドン南東部オーピントン選出のジョンソン議員は、「家族への忠誠と国益の間で板ばさみになっていた」と話した。

これについて首相は5日、弟とはEUについて意見の食い違いがあったと述べた。

<関連記事>

イングランド北部ウェイクフィールドの警察訓練センターで演説したジョンソン首相は、解散総選挙の必要性をあらためて訴えた。

ジョンソン氏は10月15日に総選挙をするべきと主張しており、「これが唯一、ブレグジットを動かす方法だ」と述べた。

また、自分は「ブレグジットについて無駄な努力はしたくない」が、一部の議員が労働党がまとめた合意なし離脱阻止法案に賛成し、イギリスの交渉の立場を「台無し」にしたと批判した。

この法案では、首相は10月19日までに離脱協定の議会承認を得るか、下院から合意なし離脱の承認を取り付られなかった場合、離脱期限を来年1月31日に延長するようEUに要請しなくてはならない。

しかし、労働党のジェレミー・コービン党首は、ジョンソン首相は「新たな協定を結ぶ計画を何も立てていない」と非難した。

野党・自由民主党のジョー・スウィンソン党首も、ジョンソン氏の発言には「大きな懸念」があると話している。

正念場は週明けか

合意なし離脱阻止法案が上院を通過した場合、下院は週明けにも上院による修正を審議する。法案はその後、女王の裁可を経て正式に法律となる。

また、下院は解散総選挙についても再び投票を行う予定。議会はその後、10月14日まで閉会する見通しだ。

野党各党はこれに先立ち、ジョンソン氏による10月半ばの解散総選挙の要求にどう対応するかを協議している。10月31日の合意なし離脱を阻止し、離脱延期が決まってからにすべきとの意見もあるからだ。

一方でブレグジット党のナイジェル・ファラージ党首はBBCの取材で、「ブレグジット党が立ちはだかれば(ジョンソン氏は)選挙には勝てない」と警告した。

その上で、もしジョンソン政権とブレグジット党が総選挙中に「明確な政策の下に」協定を結べれば、「破竹の勢いになるだろう」と語った。

労働党議員で内務省委員会の会長も務めるイヴェット・クーパー氏は、ジョンソン首相が警察官を背に演説を行ったことを批判した。

クーパー氏は、「多くの警官の訓練を中断させ、自分の政治スタントのために働かせるとは、これはボリス・ジョンソンによる職権乱用だ」と述べた。

(英語記事 英下院、首相提案の解散総選挙を否決 ブレグジット延期法案は可決

提供元:https://www.bbc.com/japanese/49603367

関連記事

新着記事

»もっと見る