BBC News

2019年9月7日

»著者プロフィール

サー・ジョン・カーティス、ストラスクライド大学教授(政治学)

ボリス・ジョンソン英首相は断固たる姿勢を貫いている。もし10月末までに、イギリスの欧州連合(EU)離脱の条件についてEUと合意がまとまらなければ、イギリスは合意なしで離脱する覚悟だと。

これに対して英議会は、10月31日の合意なしブレグジット(イギリスのEU離脱)を違法にする法案を可決した。

首相も議会も、民意の後ろ盾は自分にこそあると主張している。

では、世論調査はどちらの言い分を支えているのか。

合意なしを支持?

過去2カ月の間に実施された4種の世論調査が、合意なしブレグジットを支持するか、反対するか、有権者に尋ねている。

質問の言葉遣いは調査によって異なるが、その結果は驚くほど一貫している。

どの調査でも、合意なし離脱を支持する人より、合意なし離脱に反対する人の方がわずかに多い。

4つの調査会社が7月から8月にかけて行った世論調査の結果を平均すると、合意なし離脱に反対(oppose)する人の割合は44%、賛成(support)する人は38%。どちらでもない人は11%。分からないと答えた人は10%だった。

ただし、2016年の国民投票でEU離脱に投票したか、それとも残留に投票したかで、合意なし離脱への態度ははっきり別れる。

2016年に離脱に投票した人(Voted Leave)の73%は合意なしに離脱に賛成だが、残留に投票した人(Voted Remain)の76%は合意なし離脱に反対している。

合意なし離脱への賛否は、3年前に離脱か残留かで世論が割れたのとほとんど同じように、今回も世論を二分している。2016年当時は、有権者の52%が離脱を支持し、48%が残留を支持した。

ではなぜ今年夏の世論調査では、合意なし離脱への反対が賛成を上回っているのか。

「3年前に投票しなかった人たち」というのが、その答えだ。3年前に投票しなかった有権者で、合意なし離脱を支持するのはわずか21%。反対はその倍近くの43%に上る。

受け入れられる妥協

とは言うものの、政府は何が何でも合意なしにEUを離脱するという方針ではない。そうではなく、10月末までに納得できる合意がまとまらなければ、合意がなくても離脱するというのが政府の案だ。

政府のこの姿勢は、合意なし離脱への有権者の態度に反映されているだろうか。

世論調査団体YouGovは8月半ば、「まったく何の合意もないまま欧州連合を離脱する」ことについて、さらに細かく質問した。これに対する回答結果が、示唆的だ。

合意なし離脱は良い(Good)結果か、あるいは悪い(Bad)結果かと聞かれただけでなく、「受け入れられる妥協(Acceptable compromise)」かという回答も選択肢に入っていた。

その結果、2016年の国民投票でEU残留に投票した人(Voted Remain)の82%は、合意なし離脱は悪い結果だと答えた。合意なし離脱に「賛成」か「反対」かの二者択一を求められた際に、残留派の76%が「反対」を選んだこととも、この結果は合致する。

しかし、EU離脱派の結果は様子が違う。

合意なし離脱は「良い」結果だと答えた離脱派は、46%に留まった。合意なし離脱に賛成か反対か、二者択一を求められた離脱派の73%が「賛成」を選んだのより、かなり低い。

なぜこの違いが出たのか。

国民投票でEU離脱に投票した(Voted Leave)回答者の27%は、合意なしブレグジットは「良い」結果ではなく、「受け入れられる妥協」だと答えている。

もしかするとこの違いが、一部の離脱派の意向を表しているのかもしれない。その人たちは、合意なし離脱を積極的に希望するというよりは、つきつめれば支持しても構わないという程度に捉えているようだ。

もし合意が可能なら?

さらに、ブレグジットがどういう結末に至って欲しいか尋ねると、同じような傾向が表れる。

YouGovは今年6月、次の4つの可能性を好ましい順番に並べるという設問を設けた。

  • 合意なし離脱
  • すでに政府とEUがまとめた協定を受け入れる
  • 単一市場とEU関税同盟への参加を含む、別の協定をもとに離脱する
  • 結局はEUに残る

離脱派の59%は、合意なし離脱が一番望ましいと答えたが、33%は何らかの協定をもとにした離脱を希望した。

調査会社カンターが、ほぼ同じ選択肢を提示した調査でも、よく似た結果になった。

受け入れ可能な協定をまとめようと政府が努力したと思えるか、合意破綻(はたん)はEU側の責任だと思うかなどによって、合意なし離脱を支持する人の意見が変わることもあり得る。

調査会社ORBは、「EUが離脱協定について交渉再開に応じない場合」にイギリスは合意のないまま離脱すべきかと質問した。この場合は、合意なし離脱の支持者が46%で、反対の39%を上回った。

対照的に、調査会社イプソスモリは、「イギリスが10月までにEUを離脱するための条件に、イギリスとEUが合意できない場合」に合意なし離脱を支持するか質問した。すると実に50%が反対し、賛成は38%に留まった。

合意なしブレグジットは必要なことだと、EU残留派を説得するのは、かなり難しそうだ。

しかし、相手がEU離脱派の場合、EU首脳部のせいだと説得できれば、その人は合意なし離脱を支持するかもしれない。


<この記事について>

BBCはしばしば、BBC外の専門家にニュース解説の寄稿を依頼しています。

本稿の内容のもととなった研究の詳細はこちらで見ることができます。

サー・ジョン・カーティスは英ストラスクライド大学の政治学教授で、独立調査機関・全国社会調査センターならびに独立調査機関「The UK in a Changing Europe」の上級フェロー。


(英語記事 Do voters support a no-deal Brexit?

提供元:https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-49618297

関連記事

新着記事

»もっと見る