2012年4月号
留学生ビジネスを輸出産業に

■特集1.
留学生ビジネスを輸出産業に

◎留学生獲得に熱をあげる大学
◎受け入れ意義が明確でない日本

日本にいる留学生は今や約14万人。苦学生だけでなく、日本人以上の経済力を持つ超リッチな留学生も増えた。
留学生受け入れは、企業や大学の人材確保、授業料や生活費による数千億円の経済効果などメリットが大きい。
留学生ビジネスは外貨を稼ぐ。一つの輸出産業と位置づけ、日本も積極的な獲得競争に乗り出すべきだ。


■特集2.
被災地を覆う震災前からの課題

◎ハード整備に偏る復興策 
岡田 豊(みずほ総合研究所政策調査部主任研究員)
◎地場産業育成が必要な釜石

東日本大震災から1年。被災地は「復旧から復興」へと進んでいる。
復旧とは壊れたものを元に戻すことだが、復興は町を活性化するという意味で「地域振興」と同義だ。
人口減少や産業が衰退するなかで地域振興は日本の地方都市にとって、共通した課題だ。
被災地の復興には、震災前から抱えていた問題を解決しなければならない。

 

■WEDGE OPINION.1
イラン・イスラエル威嚇合戦の裏事情 日米の絆で万一に備えよ
中島 勇(中東調査会主席研究員)

■WEDGE OPINION.2
前代未聞の「烏坎事件」ルポ 共産党動かす「民」の力
城山英巳(時事通信社中国総局特派員)

■WEDGE Report.1
中国CCTVに完敗 前途多難なNHK国際放送

■WEDGE Report.2
地域主権の目玉 沖縄一括交付金の残念なスタート

■WEDGE Report.3
原発再稼働から逃げ回る政府の大罪
◎3度あった停電の危機
橘川武郎(一橋大学大学院商学研究科教授)
◎東電国有化は政府の欺瞞
森本紀行(HCアセットマネジメント代表取締役社長)

■Point of View
高齢化社会にまつわる3つの勘違い
高橋 泰(国際医療福祉大学大学院医療経営管理分野分野責任者・教授)

■BUSINESS TOPICS.1
エコ技術、中国へ 台湾人率いる日本企業チーム

■BUSINESS TOPICS.2
イスラム食品認証「ハラル」取得に動くメーカー

復活のキーワード by 磯山友幸
日本の武器は「信用」 金融産業のプロを育てろ

経済の常識・政策の非常識 by 原田 泰
自民・民主が互いに仕組む「焦土作戦」の罠

人にやさしい技術 by 武末高裕
鍋と除湿剤でタダの空気から水をつくる
濤和化学(大阪府東大阪市)

大人の社会見学 by 江上 剛
世界一速く計算できる人工頭脳
スーパーコンピューター京

さよなら「貧農史観」 by 昆 吉則
農業指導事業の民営化 ヒントはオランダに

AROUND THE WORLD 山師の手帳 by 中村繁夫
ロシア人相手の医療ビジネス

CHINESE PUZZLE 2012 ~地方から読み解く中国 by 富坂 聰
東北経済の発展を託された・蘇州現象・の体現者

中東上級講座 by 畑中美樹
サウジの失業対策は人材開発

情感の日本 by 中西 進
住むことの柔軟な自然感覚

ヒットメーカーの舞台裏 by 池原照雄
男性客も開拓した「頭皮」の切り口
パナソニック 「頭皮エステEH-HE93」

にっぽんの100人の青年 by 林 えり子
都会人の心を癒す奥多摩の“野生児”
土屋一昭さん(森の演出家)

さらばリーマン by 溝口 敦
世界初登頂も経験 運動好きのデザイナー

●新刊クリップ 
●拝啓オヤジ by 相米周二
●世界の記述
●中国はいま某国で by 谷口智彦

下部枠線
お電話からのお申し込み・お問い合わせ 0120-34-3746
  • WEDGEセレクション
ウェッジの書籍
ウェッジからのご案内
ひととき にっぽん温故知新 2016年9月号

ひととき
2016年9月号

特集
美濃・飛騨 歌舞伎遊山 日本一、芝居に熱い!

詳細を見る