チャイナ・ウォッチャーの視点

2012年5月2日

»著者プロフィール
著者
閉じる

城山英巳 (しろやま・ひでみ)

時事通信社外信部記者

1969年生まれ、慶應義塾大学文学部卒業後、時事通信社入社。社会部、外信部を経て2002年6月から07年10月まで中国総局(北京)特派員。 外信部を経て11年8月から2度目の北京特派員。11年、早稲田大学大学院修士課程修了。現地での中国取材は10年に及ぶ。16年5月に帰国し、現在外信部記者。近著に『中国 消し去られた記録〜北京特派員が見た大国の闇』(白水社)、著書に『中国臓器市場』(新潮社)、 『中国共産党「天皇工作」秘録』(文春新書、「第22回アジア・太平洋賞」特別賞受賞)、『中国人一億人電脳調査』(文春新書)がある。14年に戦後日中外交史スクープで13年度「ボーン・上田記念国際記者賞」を受賞。

「日本政府に声明を出してほしい」 

 「緊急に重大なことが起こった。今は何が起こったかは言えない。明日、遅くても明後日には発表するので、それまで待ってほしい。今、外交努力が必要です。米国、日本、EU(欧州連合)に支持してほしい。われわれと連携する米民間団体が近く国務省と交渉する。日本政府にも重大な問題が公表された際、即座に外交声明を出してほしい。陳氏や家族の安全や、陳氏を支援するわれわれの安全のためにも日本の支援が必要です」

 私は「陳光誠氏の病状が緊急を要する状態なのか」と尋ねたが、彼女は「それは違う」と否定した。昨年2月に激しい暴力を加えられ、ネットで陳氏の映像が流れたことがあったが、「その時より重大なことだ。あなたが想像するよう深刻な事態です」としか明かさない。

 さらにこう語気を強めた。「われわれの勇気を見てほしい」。しかしあの時点でまさかあれだけ厳しい監視を脱出して北京に来ているなんて思いもしなかった。

「裸足の弁護士」陳光誠の人物像

 陳光誠とは一体何者なのか? 詳しくは拙文「中国政府が恐れる盲目の人権活動家」(文藝春秋、12年1月号)を参照していただきたいが、かいつまんで説明しておこう。

 乳児の頃、高熱を出し、まともな医療もない環境で両目を失明。18歳になってようやく小学校(盲学校)に入学し、その後、南京の大学で漢方医学を学んだものの、マッサージ師になるより、関心を持ったのは法律だった。障害者や農民らの差別問題に関心を抱き、独学で法律を学び、社会的弱者のため訴状を書いたり、法律相談を受けたりして「赤脚(裸足)の弁護士」と呼ばれるようになった。

 陳氏の友人である北京の人権派弁護士は、「正義感が強く、勇敢に公共の利益を守ろうとした。心はぴかぴかに光っており、汚れた所が全くない」と語る。

 05年、地元の強制中絶問題を告発し、彼は一躍注目を集めるようになる。東師古村周辺で陳氏とともに調査した別の人権派弁護士はこう明かす。

 「地元当局者は子供がいる女性を見つけては暴力を使って避妊リングなどを強制した。女性が逃げると、圧力を加えるため夫や両親を捕まえる。さらに親戚や近所の人もどんどん捕まえて拷問を繰り返した」。実に臨沂市の人口の1%強に当たる約13万人が結紮(けっさく)などを強要されたと、陳氏は見ていた。

見えなくとも「すべて分かっている」

 実は、陳氏が村を脱出したのは今回が初めてではない。05年夏、強制中絶問題を訴えるため、夜中に自宅を飛び出し、暴漢の追っ手を振り切り、上海、南京を経て北京に向かった。北京で出迎えた江天勇弁護士と一緒に米国大使館に行ったが、臨沂から追い掛けてきた公安当局者や暴漢ら6人が陳の居場所を突き止め、陳氏を連れ帰ろうとした。

 「山東省から来た人たちが盲人を捕まえようとしている」。江氏が大声で叫ぶと、野次馬が集まってきた。暴漢がためらっている隙に、陳氏が江氏を引っ張って地下鉄の駅に入り、列車に乗り、出発の間際に降りるなどして6人を次々と振り切ってしまった。「陳氏はすべてを分かっている。彼が私を案内してくれた」。江氏は当時を振り返った。

 しかし陳氏は結局、待ち伏せていた臨沂の公安当局者に捕まり、殴打されながら車に無理矢理乗せられ、連れ戻された。それ以降、陳氏への弾圧は強まり、06年3月、ついに自宅から連れ去られ、外部との連絡を絶った。公共財産を損壊し、群衆を組織して交通をかく乱させた、という言われなき罪で同年8月には懲役4年3月の実刑判決を受けるのだ。

関連記事

新着記事

»もっと見る