書籍詳細

病いに挑戦する先端医学
谷口克 編著

目次
立ち読み


科学の進歩によって人類はさまざまな病気を克服してきた。しかし、物質文明の発達にともなう様々なアレルギーの発症や、AIDS、SARS、鳥インフルエンザといった新たな感染症の出現、またアルツハイマー病やパーキンソン病などの神経変性疾患にたいしては、いまだ充分な対応はできていない。

現代の医学がこうした病いにいかに立ち向かっているかを、医学に携わる研究者が報告する。
ウェッジ選書<地球学シリーズ>。2時間で読む医学の最先端!

<書籍データ>
◇B6判並製・232頁
◇定価:本体1,400円+税
◇2006年10月30日発売

<著者プロフィール>
谷口克
(たにぐち・まさる)
理化学研究所免疫・アレルギー科学総合研究センター長。1967年、千葉大学医学部医学科卒業。オーストラリア・メルボルン・ウォルター・エライザー・ホール医学研究所留学を経て、80年より千葉大学大学院医学研究院教授。2004年より現職。免疫学の最先端で数々の業績を修め、77年、エルウィン・フォン・ベルツ賞受賞、93年野口英世記念医学賞受賞。97~98年、日本免疫学会会長。主な著書に『免疫Q&A』(医薬ジャーナル社)、『免疫の不思議』(岩波書店)、『免疫、その驚異のメカニズム』(ウェッジ)など。

病いに挑戦する先端医学

※下記のサイトでこの本を購入することができます。

Wedge最新号のご案内
2017年11月号

2017年11月号(10月20日発売)

特集
「大量離農時代」の切り札 スマート農業

»詳細を見る

ひととき最新号のご案内
2017年11月号

2017年11月号

特集
よみがえれ、湖国の恵み

»詳細を見る

WEDGEInfinity へ
「ウェッジの書籍」の内容は、WEBマガジン「WEDGEInfinity」にて一部を読むことができます。