書籍詳細

変化の時代と人間の力―福原義春講演集
福原義春 著


現代のオピニオンリーダーとして、また財界有数の文化人経営者として知られる資生堂・福原義春名誉会長が、ビジネスパーソンに贈る力強くあたたかなメッセージ。11本の講演を収める。

社会人一人ひとりが、社会人としての感覚を持ち、「脱・会社人間」することで、日本企業の文化と倫理が育つ土壌が育まれるのである。

<書籍データ>
◇文庫版 358頁
◇定価:本体743円+税
◇2007年10月31日発売

<著者プロフィール>
福原義春(ふくはら・よしはる)
資生堂名誉会長。1931年生まれ。1953年、慶應義塾大学経済学部卒業、資生堂入社。チェイン部・企画部を経て、商品開発部長、外国部長を歴任。 1987年、社長に就任、大胆な経営改革と社員の意識改革に取り組み、先駆的なリストラクチュアリングを実現する。1997年に会長、2001年より現職。企業メセナ協議会会長、東京写真美術館館長、東京芸術文化評議会会長ほか、公職も多数。財界有数の文化人として知られ、洋蘭栽培、写真、アート等、多彩な趣味を持つ。著書に『多元価値経営の時代』(東洋経済新報社)、『部下がついてくる人』(日経ビジネス人文庫)、『会社人間、社会に生きる』(中公新書)、『蘭学事始』(集英社)、『猫と小石とディアギレフ』(集英社)、『ぼくの複線人生』(岩波書店)等多数。

変化の時代と人間の力―福原義春講演集

※下記のサイトでこの本を購入することができます。

Wedge最新号のご案内
2017年12月号

2017年12月号(11月20日発売)

特集
国立大学の成れの果て

»詳細を見る

ひととき最新号のご案内
2017年12月号

2017年12月号

特集
棟梁たちの明治維新 神戸・姫路の木造建築

»詳細を見る

WEDGEInfinity へ
「ウェッジの書籍」の内容は、WEBマガジン「WEDGEInfinity」にて一部を読むことができます。