田部康喜のTV読本

2012年9月5日

»著者プロフィール
著者
閉じる

田部康喜 (たべ・こうき)

東日本国際大学客員教授

福島県会津若松市生まれ。幼少時代から大学卒業まで、仙台市で暮らす。朝日新聞記者、朝日ジャーナル編集部員、論説委員などを経て、ソフトバンク広報室長に就任。社内ベンチャーで電子配信会社を設立、取締役会長。2012年春に独立、シンクタンク代表。2015年10月から東日本国際大学客員教授として地域振興政策を研究、同大・地域振興戦略研究所副所長を兼務。

前田敦子、AKB48の今後

 卒業した「あっちゃん」の女優としての進路はどうか。「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」(2011年)の映画で初めて、主役のマネージャー川島みなみを演じた。

 難病のために入院してマネージャーができなくなった、親友にかわってチームを甲子園まで導く前田の演技は、アイドル映画のそれではなく、鑑賞に耐える。

 テレビ東京の深夜枠のドラマ「マジすか学園」はいま、シリーズ3である。AKB48のメンバーが演技を競う。秋葉原の劇場が、実演を学ぶ場所であるのと同じように。今回のシリーズの設定は、不良少女たちが入れられている刑務所が舞台である。

 島崎遥香が主役のパルを演じている。前田はシリーズ1で主役を務めた。

 秋元は『秋元康の仕事学』(NHK出版 2011年)のなかで、AKB48は小劇団やロックアーチストと同じように、その成長の過程がファンにみえる、といっている。

 「ドキュメンタリーである」と。

 前田が卒業しても、AKB48のドキュメンタリーは続く。 (敬称略)

「WEDGE Infinity」のメルマガを受け取る(=isMedia会員登録)
「最新記事」や「編集部のおすすめ記事」等、旬な情報をお届けいたします。

関連記事

新着記事

»もっと見る