書籍詳細

中西進と読む「東海道中膝栗毛」
中西進 著

目次
立ち読み


『東海道中膝栗毛』という作品を読んだことがなくても、弥次さん北さんといえば、だれ一人、知らない人はいないだろう。弥次さんと北さんはこの『東海道中膝栗毛』の主人公である。作者は十返舎一九。『膝栗毛』は発端から第八編までが少しずつ、いろいろな形で出版されて、享和二年(一八〇二)から文化十一年(一八一四)に及んだ。その中でおもしろそうな話題を選んで読者に紹介しようとしたのが本書である。

東海道の駅々を歩きつづけた弥次・北の旅は無類に楽しい。江戸の町の裏店に住む二人は無邪気に人間性まる出しで憎めない。珍道中もいいところで笑いが止まらない。そのうえ、作者はきちんと文明批評も忘れない。 「この世は感じる者にとって悲劇であり、考える者にとっては喜劇である」という名せりふがある。作者は感じることの気高さなど、てんで信じてはいなかったらしい。さりとて考えすぎると、また重くなる。程よく考えると深刻に見えていたものが、馬鹿ばかしくなり、深刻になっている自分まで、滑稽に思えてくる。この世間との、距離のとり方がいい。だから喜劇として世間を見る賢さも、この時代の文筆家には備わっていたことになる。そして、なによりも古い都会の京と新しい都市の江戸とが、こうも違うのか、と現代の読者はおどろくだろう。

雑誌「ひととき」創刊号から足掛け七年、七十四回つづいた連載の待望の書籍化!

<書籍データ>
◇46判並製・256頁
◇定価:本体1,600円+税
◇2007年10月22日発売
◇ISBN: 978-4-86310-006-0

<著者プロフィール>
中西進
(なかにし・すすむ)
一般社団法人日本学基金理事長。文学博士、文化功労者。平成25年度文化勲章受賞。日本文化、精神史の研究・評論活動で知られる。読売文学賞、日本学士院賞、菊池寛賞、和辻哲郎文化賞、大佛次郎賞、奈良テレビ放送文化賞ほか受賞多数。著書に『日本人の忘れもの』全3巻『中西進と歩く万葉の大和路』『万葉を旅する』『国家を築いたしなやかな日本知』『日本人意志の力 改訂版』『情に生きる日本人 Tender Japan』(以上ウェッジ)、『うたう天皇』『楕円の江戸文化』(ともに白水社)、『日本人の祈り こころの風景』(冨山房インターナショナル)、『こころの日本文化史』(岩波書店)、『日本人の愛したことば』(東京書籍)、『中西進著作集』(全36巻/四季社)他多数。

 

 

中西進と読む「東海道中膝栗毛」

※下記のサイトでこの本を購入することができます。

Wedge最新号のご案内
2017年12月号

2017年12月号(11月20日発売)

特集
国立大学の成れの果て

»詳細を見る

ひととき最新号のご案内
2017年12月号

2017年12月号

特集
棟梁たちの明治維新 神戸・姫路の木造建築

»詳細を見る

WEDGEInfinity へ
「ウェッジの書籍」の内容は、WEBマガジン「WEDGEInfinity」にて一部を読むことができます。