シルバー民主主義に泣く若者

2012年9月27日

»著者プロフィール
著者
閉じる

島澤 諭 (しまさわ・まなぶ)

中部圏社会経済研究所研究部長

富山県生まれ。1994年東京大学経済学部卒業 同年4月経済企画庁入庁。調査局内国調査第一課、総合計画局計量班、調査局国際経済第一課等を経て2001年内閣府退官。02年秋田経済法科大学経済学部専任講師、04年10月秋田大学教育文化学部准教授。12年4月より現職。*記事はすべて筆者の個人的見解であって、筆者の所属組織とは無関係です。

(表4) 財政の持続可能性確保のための収入増加策の規模の国際比較
拡大画像表示

 表4は、持続可能性ギャップを埋めるために即時かつ恒久的に必要な租税や社会保険料等収入増加策の規模について国際比較したものである。

 同表によると、総収入で評価しても、租税収入のみで評価しても、国際的に見て非常に高い水準であることが確認できる。

 以上見てきたように、日本の世代間格差は諸外国に比べてはるかに大きく、その源泉は、(1)年齢別の受益負担が高齢者に偏っていること、(2)少子化、高齢化の進行、(3)巨額な政府純債務残高の存在、にあると指摘できる。


「WEDGE Infinity」のメルマガを受け取る(=isMedia会員登録)
「最新記事」や「編集部のおすすめ記事」等、旬な情報をお届けいたします。

関連記事

新着記事

»もっと見る