書籍詳細

蝶は還らず―プリマ・ドンナ喜波貞子を追って
松永伍一 著


戦前のヨーロッパで、オペラ「蝶々夫人」のプリマ・ドンナをつとめて喝采を博した日本人歌手がいた。その名は、テイコ・キワ。謎の歌姫を追ってヨーロッパを駆け巡るミステリー・ドキュメント!

<書籍データ>
◇文庫版 318頁
◇定価:本体743円+税
◇2008年2月29日発売

<著者プロフィール>
松永伍一
(まつなが ごいち)
詩人・エッセイスト。1930年福岡県に生まれる。八女高校を出て中学教師8年、1957年以降文筆生活。文学・民族・美術・宗教など広範囲にわたる評論で知られ、とくに子守唄・農民詩・キリシタン・古代ガラスの研究者として著名。あらゆる文学組織に参加せず。『日本農民詩史』全5巻の大作により毎日出版文化賞特別賞を受ける。テレビ・ラジオ出演も多く、ドキュメンタリー番組の制作にもかかわってきた。趣味の絵画で10回を超える個展を開く。著書には『日本の子守唄』『天正の虹』『散歩学のすすめ』『フィレンツェからの手紙』『老いの品格』『花明かりの路』『快老のスタイル』『金の人生 銀の人生』『感動の瞬間』『モンマルトルの枯葉』など140冊がある。

 

蝶は還らず―プリマ・ドンナ喜波貞子を追って

※下記のサイトでこの本を購入することができます。

Wedge最新号のご案内
2017年12月号

2017年12月号(11月20日発売)

特集
国立大学の成れの果て

»詳細を見る

ひととき最新号のご案内
2017年12月号

2017年12月号

特集
棟梁たちの明治維新 神戸・姫路の木造建築

»詳細を見る

WEDGEInfinity へ
「ウェッジの書籍」の内容は、WEBマガジン「WEDGEInfinity」にて一部を読むことができます。