人事部必見! 御社の研修ここが足りない

2012年10月23日

»著者プロフィール

■仕事外の共通点を探すのも社長の役割
代表取締役社長 高橋克俊 氏

高橋克俊社長

企業として技術力を高め、全社員が高度な知識をもち、高いモチベーションで働いてもらうために、多様な研修を導入していく必要性があると感じています。しかし、大企業とは違い、少数精鋭が求められる中堅企業にとって体系化した研修制度を整備するのは難しい。また、印刷という業界特性もあります。

コンピューター化されたとはいえ、その印刷に満足されないお客様が多くいるからこそ私たちの存在意義があると考えています。永く顧客満足度を高め維持していけるよう、技術部門の伝承は意識して取り組んでいます。1枚のポスターに込められたエンドユーザー、デザイナーなどの想いを仕上げていく最後の過程。その技術力は守り切っていきます。

私の役割は、全社員の気持ちを一つにまとめ上げることだと考えています。社員は家族との気持ちで、仲間として接することができるのも中堅企業の良さ。大事にしていきたい。日々、心がけているのは毎朝のあいさつ。社員の目をみて話しかけるのが仕事の前にする決まり事です。仕事以外の共通点を探し、会話を弾ませることも努力しています。

働きやすい職場づくりが、すべての第一歩。それをベースに自己研さんできる環境を整えていきたい。

(記事内写真:筆者撮影)


「WEDGE Infinity」のメルマガを受け取る(=isMedia会員登録)
「最新記事」や「編集部のおすすめ記事」等、旬な情報をお届けいたします。

関連記事

新着記事

»もっと見る