故郷のメディアはいま

2012年11月15日

»著者プロフィール
閉じる

小田桐 誠 (おだぎり・まこと)

ジャーナリスト

1953年、青森県生まれ。亜細亜大学法学部卒業。出版社勤務を経てフリーのジャーナリストに。2004年7月から4年間、放送専門誌『GALAC』編集長。現在、法政大学と武蔵大学社会学部兼任講師。BPO(放送倫理・番組向上機構)「放送と青少年に関する委員会」委員、NPO法人放送批評懇談会常務理事・選奨事業委員長。近著に『NHK独り勝ちの功罪』(ベスト新書)がある。

引き継がれていく
〈絆いわて ふるさとは負けない!〉キャンペーン

 「ふるさとは負けない!」というキーワードは、岩手県で生まれ育った2人の局員が考えついた。キャンペーンはラジオやテレビの放送活動だけではなく、前述のように募金や朗読会、「被災地にラジオを送ろう」キャンペーンでも展開された。同局報道部長の眞下(まっか)卓也は、いずれも日常の放送・事業活動の延長であり特に目新しいものはない、とこう話している。

 「募金活動は緑のおよび赤い羽根募金を毎年行っていますし、朗読会も地道に続けてきました。被災地にラジオを送る活動では、大分や長崎、福岡、名古屋などの系列局の協力を得ましたが、これも日常的な関係があればこそ展開できたものです」

 〈絆いわて ふるさとは負けない!〉キャンペーンは、毎日のローカルニュースや毎週土曜日の2時間近い情報番組『じゃじゃじゃTV』に引き継がれると同時に、岩手県出身の著名人が来県すると放送番組出演やさまざまな活動参加に引き継がれている。

60年近い放送で培った蓄積に新たな媒体が加わる

 ラジオ開局から60年近く、テレビ開局53年の歴史と伝統が非常時に力を発揮する一方で、被災・復旧情報を届ける有力なツールとしてその機能を発揮したものもある。ツイッターやユーストリームなどのソーシャルメディアだ。

 同局が昨年12月に刊行した『絆いわて ふるさとは負けない!~3・11東日本大震災の放送記録』は、〈クロスメディアはどう伝えたか〉と題する1章を設けている。その中でツイッターの活用が始まった経緯についてこう書かれている。

 〈番組PRに使うべく、前年のラジソン(ラジオ・チャリティ・ミュージックソン=筆者注〉でのテスト活用を経て、2011年2月28日の経営会議でツイッターの運用が正式に承認されたばかりだった。〉

関連記事

新着記事

»もっと見る