WEDGE REPORT

2012年11月28日

»著者プロフィール

使い道見えない下地島の巨大滑走路

宮古島の平良港から、下地島に隣接する伊良部島に向かうフェリー

 沖縄県内でボーイング747クラスの超大型機が離着陸できる滑走路を備えるのは、年間1500万人が利用する那覇空港や米軍の嘉手納飛行場を別にすれば、下地島空港だけだ。だが、この空港まで行きたければ、フェリーで伊良部島に渡り、さらに車で隣接する下地島まで行かなくてはならない。定期路線がなく、国内唯一の航空機の訓練専用空港として利用されている。

 10月下旬に取材したときも、周囲の青いサンゴ礁には似つかわしくない「キーン」という金属音を立てながら航空機が離着陸を繰り返していた。滑走路の長さは3000メートル。かつてはボーイング747がタッチアンドゴーを繰り返す様子を見るために、多くのファンが島に集まったという。

 この空港に暗雲が立ち込めたのは、昨年3月のこと。これまで空港の運営費6億円を折半してきた日本航空と全日空のうち、経営再建に取り組む日航が空港を管理する沖縄県に訓練の中止と撤退を通知したのだ。

 いまやパイロットの訓練はシミュレータで行うのが主流。多額の経費をかけてまで下地島で訓練を行うメリットは少ないということだが、日航の動きに追随するかのように、全日空も「来年度以降の下地島での訓練は白紙」と表明。沖縄県を慌てさせている。このままでは空港が利用休止に追い込まれかねない状況だ。

下地島

 この空港を有効利用する方法はないのか。地元自治体では、すでに5年前に利用方法を議論、利活用計画書としてまとめている。「パイロットを養成するための教育施設を誘致し、航空需要が拡大するアジアから学生を募ろうという構想が検討されています。ただ受け皿となる教育機関を見つけることができず、宙に浮いたままです」(宮古島市企画調整課の担当者)。

 下地島は空港建設の際にすべての土地を県が買い上げており、住民はいない。かつての住民の多くは数十メートルの水路をはさんで隣接する伊良部島に住む。伊良部島は人口6000人の典型的な過疎の離島だ。

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る