あの挫折の先に

2012年12月19日

»著者プロフィール
著者
閉じる

夏目幸明 (なつめ・ゆきあき)

ジャーナリスト

1972年、愛知県生まれ。愛知県立豊橋工業高校から早稲田大学へ進学、卒業後、広告代理店に入社し、その後、雑誌記者へ。小学館『DIME』に『ヒット商品開発秘話 UN・DON・COM.』を、講談社『週刊現代』には、マネジメントの現場を描く『社長の風景』を連載。ほか、明治学院大学講師をつとめ就活生の支援を行う。『資格の学校TAC』では、就活生と一緒にエントリーシートを書き、面接練習を行う講座を持つ。
執筆記事:「社長の風景」(現代ビジネス)、「火力発電所奮闘記」(『VOICE』)、「ビジネスの筋トレ」(『フレッシャーズ』)、「就職活動セミナー」(『資格の学校TAC』)

「ノミニュケーション」が若手社員を伸ばす!

 こうして成績を伸ばし始め、早川は現在、2年目の営業マンたちの研修トレーナーとしても活躍している。そんな彼には、読者へ伝えたいことがあるという。

早川氏が愛用する手帳。その付け方は先輩たちから学んだという。

 「人間って面白いもので、自分の何かを変えよう、仕事のスタンスを変えよう、などと思っても、なかなかできないんです。むしろ、そんなことがすぐできたら、誰でもよくなれます。そんな時はどうするか。すごいと思う先輩のやり方を、そっくりそのままマネてみるんです。私も、例えば手帳の使い方を全部、マネさせていただいたことがあります」

 他者の“考え”や“事情”や“行動”を知る、それは何も、お客様だけを見ていればよいわけではない。会社のデキる先輩の行動原理を知ることも、お客様を見ることと同様に大事なことなのだ。

 「実は私がお酒の会社に入ったのは“飲む”って素晴らしいコミュニケーションツールだ、と考えたからなんです。例えば、何かやりたいことがあったら、一人で考えるより、少し勇気はいるかもしれませんが、先輩や経験者に相談するのが一番いい。そこから“一緒にやりましょう”という話になるかもしれない。実は、日本全国のサラリーマンが少しだけ勇気を出して、先輩や後輩に『一緒に飲みに行こうぜ』と一声かければ、それでどれだけ良い社会になるだろう、などと思っているんですよね」

※文中敬称略

関連記事

新着記事

»もっと見る